人気ブログランキング |

びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ:鶴屋町でハッスル( 44 )

a0038663_22394619.jpg

 鶴屋町の立ち飲み「平助」へやってきました。ホッピーに、ささみわさび、梅しそささみ、豚バラ、肉巻きトマトと串焼きを注文しました。焼き場前のカウンターは、かなり暑いです。しかし、串焼き屋なのだから仕方がありません。半ば痩せ我慢ではありますが、冷たいホッピーが旨いのもまた事実でありまして、ナカも欠かさずいただくことになりました。
 次は「安兵衛」、10歩くらいの移動であります。引き続き半額の180円サワーメニュウに酎ハイ登場、280円の枝豆と、これを3杯であります。さらにシメには、ちゃんと蕎麦のなんちゃってそばをもらって、「安兵衛」をエンジョイであります。


by hoppys | 2019-09-10 23:59 | 鶴屋町でハッスル | Comments(0)
a0038663_22180515.jpg

 鶴屋町の「安兵衛」へやってきました。半額180円のサワー祭は引き続き開催中、プラカップ入りの酎ハイをいただきます。料理は、280円のポテトフライに、380円のタコぶつ、格安であります。屋内ではありますが、吹き抜けなんで、この季節はやや暑くなってはきましたが、そこがまたよいのです。食券自販機に足しげく通い、酎ハイは都合3杯となりました。プラカップだからと甘く見ていたら、意外に酔ってきました。
 しかし、ここから浅間下までてくてく歩き、居酒屋「ねこ兵衞」へ到着します。この流れ、単に語呂合わせがやりたかっただけじゃないかという説が実は正解です。それはさておき、カウンター席で、ホッピーに揚げ出し豆腐、チキンカツといただくことにしました。久々にたらふく喰うことになりました。ホッピーは、でかめのジョッキに焼酎がたんまり入っています。1回めはナカでなく生が来てしまいましたが、ありがたくも隣の常連さんがビールを引き取ってくれました。ナカはもう1回もらうことになり、ねこアイテムに囲まれて気分よく酔ってまいりました。


by hoppys | 2019-07-23 23:59 | 鶴屋町でハッスル | Comments(0)

ホッピーでキメル夜

a0038663_21352727.jpg

 鶴屋町の立ち飲み「やきとり平助」へやってきました。ホッピーに、焼鳥焼きとん、枝豆をもらいました。この店もリーズナブルな価格で10年くらいやってますが、安定感あっていいと思います。店内には、チープな音域の狭いスピーカーから往年のアメリカンなロックが流れています。焼酎かなり多めとなりますので、ナカを2回、しいたけえりんぎうずらのたまごも追加でもらいました。早くもいい気分となっております。
 KQに乗り、日ノ出町駅から都橋商店街「ホッピー仙人」へと移動しました。ここでも当然ではありますが、またホッピーを飲むことなります。樽でうまいやつを白、さらに黒ともらって終了となるところでしたが、ここで仙人から寄贈をいただいてもう1杯やることになりました。まあ、今夜もこんな感じであります。


by hoppys | 2019-07-18 23:59 | 鶴屋町でハッスル | Comments(0)

帰ってきた昼飲みの拠点

a0038663_22561127.jpg

 かつて、鶴屋橋を渡ったすぐのところに、「安兵衛」という蕎麦も出す立ち飲み屋があって、その気安さと値段のためによく通っていたのですが、建て替えられて閉店してしまいました。その「安兵衛」が同じ場所に復活したと耳にしたので、やってきました。新しい「安兵衛」は、「やきとり平助」の奥、ビルの共同通路みたいなところにテーブルを並べ、カウンターのようなところで、酒と料理を出しています。立ち飲みとありますが、椅子完備です。玩具のような小さな券売機があって、そこで食券を購入する方式になっています。つまみ類は、280円と380円の2系統あっていろいろ選べます。今日は、280円からキャベツ、380円からねぎチャーシューをもらうことにしました。ホッピーはなかったので、ビールでも飲もうかと思ったら、「サワー祭」なるものを延長開催中で、360円のサワー類が半額180円で飲めるというので、酎ハイにしました。これはプラカップで出てきます。スタッフさんに話を訊くと、なんでも社長の趣味で、こんな場所で開店させたとのことで、まったく趣味のいい社長がいるものです。蕎麦もあるので、蕎麦だけのお客さんもいます。おれのほうは、酎ハイをもう2杯、楽しく飲み続けるのでした。

by hoppys | 2019-07-07 23:10 | 鶴屋町でハッスル | Comments(0)

令和も頼む平成の助っ人

a0038663_09485937.jpg

 鶴屋町の立ち飲み「やきとり平助」にやってきました。ここの店名は、「平成のみなさんを助けたい」から来ていると聞いたことがありますが、もちろん令和の世にも健在です。それどころか、「令和元年半額祭」なんていうのもやっておりまして、こういう便乗商法なら大歓迎です。半額でいただけるとり皮ポン酢に、黒ホッピー、ねぎま、せせり、ささみわさび、梅しそわさび、トマトの肉巻きと豪華に注文です。ホッピーが黒になったのは手違いによるものですが、特に差支えはありません。ナカの後は酎ハイをもらいましたが、トマト肉巻きの喰うタイミングを逃して、冷まし過ぎてしまう痛恨の失策を演じ、新元号早々いきなり反省しきりであります。
 続いてやってきたのは、「ハマ横丁」2階の「うえちゃん」になります。10年近く前に訪れた記憶がありますが、雰囲気はあまり変わっていません。こちらでもなぜか黒ホッピーを注文、洋食っぽいメニュウから、かつおのカルパッチョなどもらって飲み始めましたが、焼酎多くてナカが2回となりました。
 ラストにもう一軒、奥の「重」にも立ち寄ることになりました。令和初日に今度こそ白ホッピーを飲むためです。そんなわけで、モダン焼が売りの店なのに焼ものもいただかず、お通しのハッシュポテトで、ナカまで貰って飲み続けることになったのでした

by hoppys | 2019-05-01 23:59 | 鶴屋町でハッスル | Comments(0)

できれば中より大

a0038663_22344197.jpg

 鶴屋町の「やきとり平助」にやってきました。本来開放的な店ですが、この暑さではちゃんとガラス戸を閉めてくれているおかげで、快適に冷たいホッピーをいただくことができます。初めて知りましたが、この「平助」という店名、「平成の助っ人」という意味だそうです。枝豆やキュウリの他、串焼き各種をいただきました。ササミは基本でよく焼きになっております。串焼きも安定していて、ナカももらっておきました。
 桜木町から土曜日の野毛入り、夏休みのせいか若干ながら普段より観光客が少ないようにも見えました。それでも賑やかな野毛小路から左に入り、大岡川沿いの「はなたれ」に入りました。カウンターで酒を注文、バイスサワーを選択しました。もちろん大ジョッキでまいりましょう。ここのサワー類は大ジョッキが基本で、「中ジョッキにすると割引」という、酒飲みの自意識を快く刺激する編成になっているのです。大ジョッキは800mlくらい入るやつかと思われます。お通しは揚げ出し豆腐、後は新鮮な魚介類になります。カキやウニ、生シラスなんかを薦められましたが、ここはあえて釜揚げシラス、さらにだしスープでいただく「海おでん」と称する一群のメニュウから、玉子、あさり、わかめ、こんにゃくあたりをもらいました。2杯目のバイスも当然大ジョッキでやっつけます。

by hoppys | 2017-08-05 23:59 | 鶴屋町でハッスル | Comments(0)

鶴屋町で昼飲み

a0038663_12344088.jpg

 鶴屋町の立ち飲み「横浜商店」で早い時間から飲み始めることにしました。平日夜は連日満員の店ですが、幸いまだ余裕がありました。ハッピーアワーで、ホッピー、生ビール、一部サワー類が200円となっております。対象外の酒を注文すると注意されます。いや、ひとこと言ってくれるので助かります。明るいうちから飲むホッピーは実に気分がいいものであります。筍と空豆の炭火焼なる旬の最強メニュウや、挽肉入りのピリ辛もやし炒めなんかもイケます。立地がいいうえに格安で旨いものを楽しめるのですから、人気があるのも当然でといえましょう。さらに100円のナカ、生姜サワーとハッピーアワーを堪能しました。
 まだ明るいうちに野毛に移動、野毛小路の「tacobe」にやってきました。カウンターでハイボールを飲んでおりますが、今夜の野毛も人出が多そうです。
 「tacobe」で3杯ほどいただいたところで、都橋商店街の「○豊」に移動、再び立ち飲みとなります。ここではトマト割をいただくことにしまして、気が付けば4杯ほど喰らっていることになります。

by hoppys | 2017-05-03 23:59 | 鶴屋町でハッスル | Comments(0)

「ハマ横丁」で活躍

a0038663_23585951.jpg

 久しぶりに鶴屋町の「ハマ横丁」にやってきました。開店当初の2010年からしばらくの間はよく来ていましたが、当時からほとんど店が変わったいないのが嬉しいところです。まずは、1階の海鮮BBQ「浜印水産」であります。浜辺の簡易店舗とイメージしたという店内、厚手のビニールで遮蔽してはありますが、この寒さでほぼオープン、しかも冷たいホッピーを注文してしまったので、とにかく焼き始めねばなりません。ホンビノスやハマグリ、ホタテさらにコーンバター、厚揚げ、きのこホイル焼きといただきました。ナカももらいます。グラスが小さめではありますが、ホッピー1瓶で4杯いける量で、じわじわ酔いが回ってきます。それでも、梅干しサワー、ジンジャーハイボールと飲み続けました。
 「ハマ横丁」の1階は、店舗の間に通路や廊下がないのが特徴でありまして、2軒めの「もてなし」には、ほかの店の中を通り抜けていくことになります。この店は、落ち着いた照明、内装で、奥のほうにはカウンターもあるので、ショットバーかと思ってますと、でかい「肉」の文字がありまして、肉バルなんだそうであります。しかし、カクテルも飲めるので、ここはジントニックをいただいております。
 せっかくなんで2階にも上がりまして、モダン焼き「重」に入りました。一応鉄板焼きの店なんですが、今日から入ったという横浜ビール、瓶ですがこれのヴァイツェンから飲み始めます。ピリ辛な秘伝ソースの鉄板もやしなんかをつまみながら、もう1杯レモンサワーをいただき、これでようやく仕舞いとなります。

by hoppys | 2017-03-01 23:59 | 鶴屋町でハッスル | Comments(0)

継承と革新の鶴屋町

a0038663_2218508.jpg

 横浜駅のきた西口から鶴屋橋を渡った一角には、かつて「安兵衛」、「やきとり平助」、「田舎茶屋 大蔵」の3軒が並び、昼から飲めるおぢさんの牙城として踏ん張っていたのですが、老朽化には勝てず、3軒まとめて建て替えとなり、最近エフテムビルとして生まれ変わりました。新しいビルなので、若者が好みそうな洒落た店が中心のようで、やはり「安兵衛」は消えてしまったようです。辛うじて、1階には「やきとり平助」が、立ち飲み焼鳥のスタイルを守って開店していました。400円のホッピーに、豚バラやねぎまなど串ものをいただくことにしました。ささみはかなり大ぶりなやつがでてきます。ビルの中に入った形になっているので、かなり明るい雰囲気にはなりましたが、おぢさんたちの姿は相変わらず、おれ自身もナカを貰いましょう。
 2階に、「大蔵」が健在なので行ってみることにしました。いきなり、居酒屋らしい笑い声が聞こえてきました。この店はこれでよいのです。メインの客席はテーブルですが、数席分のカウンターがあり、目の前にはホシザキの冷蔵ケースがあって魚が入っており、カウンター内には、白い衣服の料理人たちが並んでいるという、正統的な居酒屋スタイルが嬉しくなります。早速その刺身の盛り合わせを注文、カンパチ入れてほしいと言ったらちゃんと聞いてくれるのは助かります。ここでも酒はホッピー、セットが400円、ナカが300円、ちょっとナカの値が高いので、嫌な予感がありましたが、幸い適量の焼酎が出てきました。都合3杯目にウメサワーを注文すると、出てきたのは、焼酎ソーダ割り梅干し入り、ますますおれ好みであります。
by hoppys | 2016-05-23 23:59 | 鶴屋町でハッスル | Comments(0)

2014年も初音町で

a0038663_22265482.jpg

 今日は、横浜駅きた西口、鶴屋橋の先にある「安兵衛」からスタートになりました。酒もつまみもオール300円の「安兵衛」、自販機でチケットを買って、奥のカウンターに提出します。「芋焼酎の水割りとまぐろ納豆」と注文すると、カウンター内のスタッフがみんな若いんで驚きました。いつの間にか若返ったようです。この先の立ち飲み屋に対抗したという説もありますが、まあ若くてもしっかりした人たちなんで別に問題はありません。芋焼酎は「黒甕」でした。300円ですが、いい感じにたっぷり入っています。で、2杯目もこれ、そして、きゅうりとみょうがを塩昆布でアレしたやつを貰いました。
 京急に乗って黄金町へ移動、駅構内の「えき缶酒場」に立ち寄りました。まだ比較的早いんで、そばを喰っている人、一杯やってる人が混在しています。ついでに、禁煙区域喫煙区域の境もよく判りません。ここでは、100円の魚肉ソーセージを喰いながら、アサヒの生ビールを1杯やりました。店内には駅の時刻表でなく、駅前バス停の時刻表が貼ってありました。なるほど、京急で帰るのではなく、京急で帰ってきた人のほうが客としては多いのでしょう。
 続いて、初音町の「酒房ぴー」にやってきました。普段は火曜定休ですが、今夜はオープンとのことであります。カウンターで、「特蒸泰明」を水割りで貰います。水割りってもいい感じです。シラスおろしとか、野沢菜とかつまみ、プロ野球の話と化しつつ、ゆっくりと麦焼酎を飲み続けました。結局4杯までいきましたが、勘定は2,000円いかないから助かります。
 
by hoppys | 2014-01-07 23:59 | 鶴屋町でハッスル | Comments(0)