びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:伊勢佐木でハッスル( 79 )

休日は昼からのイセザキ

a0038663_22360451.jpg

 「ザキ祭」開催中のイセザキ6丁目へやってきました。創業明治30年という老舗の「川本屋茶舗」前で、キンミヤ焼酎の抹茶割を500円で販売していたので、これをいただきましょう。1杯1杯丁寧に粉を溶かして入れてくれます。さすがに抹茶が濃厚です。プレミアムってのもありましたが、それは試しませんでした。
 ほろ酔い気分でもう1杯行こうとなりまして、立ち飲み「ドラム缶」伊勢佐木店に立ち寄ります。ホッピーをもらいました。50円増しの350円でキンミヤ焼酎に換えてくれます。はるさめサラダなんかをもらって、キンミヤ焼酎のナカは150円、だんだん増えてきます。まだホッピーが残っているのでもう1回ナカをもらうことにすると、すみません勢い余ってと、むしろ謝りながら、はむ店長が大量の焼酎が注がれた焼酎を持ってきてくれました。


by hoppys | 2019-03-17 23:59 | 伊勢佐木でハッスル | Comments(0)
a0038663_22222413.jpg

 伊勢佐木町の「和来」で飲み始めることにします。盛況のカウンター席で、ホッピーをもらいました。さらに、まぐろ山かけ、焼そらまめであります。おでんもやっているのですが、あまり出ないようです。ナカの後は酎ハイ、それに里芋煮をもらうことにしました。これは、里芋の他にちくわ人参レンコン菜の花タケノコ鶏肉ごぼうが入り、ごった煮となっていて、かなり満足の一品でありました。
 続いて、今週も立ち飲み「みんなのいばしょ」へとやってきました。またホッピーをもらい、ねぎとろをつまみつつ、ナカ、ホッピーセット、ナカと飲み続け、さらにキンミヤソーダも2杯となっております。金曜とはいえ、明らかに飲み過ぎと言えましょう。




by hoppys | 2019-02-22 23:59 | 伊勢佐木でハッスル | Comments(0)
a0038663_16410670.jpg

 曙町に立ち飲み「ドラム缶」伊勢佐木町店がオープンしました。東京では人気の店で、なにやら絶賛している人もいたので、こちらもそれなりの気合をもって来店しました。大混雑必至かと思ったら、ほかにお客さんはひとり、スタッフも若いバイトかと思ったら、それなりの年齢のかたがにこやかかつ親切に出迎えてくれました。いい意味で拍子抜けしました。店内は、店名のとおりドラム缶が並び、フックがあって荷物を掛けられるようになっています。カウンター等はありません。この店舗は、どこの場所でも内装の改造に金はかけないと聞いたことがあります。壁一面に貼ってあるメニュウを見れば、確かに300円以内、特に酒類が300円というのは、東京の繁華街じゃあ驚異の価格となるでしょう。もっとも「生」は生ビールとは似て非なるもののようです。300円のホッピーセットに、キムチメンマ、白身フライをもらいました。つまみのほうは、質量ともに値段相応です。ナカも100円でもらえます。居心地は悪くありません。駄洒落が溢れているメニュウ、次回来ることがあれば、ぜひアナコンダバイスをコールしたいと思いました。
 続いて、「マンナ」へやってきます。カウンターのお客さんはみなホッピーを飲んでますが、ここでホッピーやハイボールを喰らうと先に進めなくなるので、生ビールにしました。キンキンに冷えています。それに豚バラをもらいました。生ビールは500円ですが、美味いキムチもたっぷり添えられた豚バラが300円でいただけるあたり、この界隈の厳しさがあります。生ビールはもう1杯もらいました。
 さらに「みんなのいばしょ」へ移動して飲み続けます。またホッピーであります。230円のあさり昆布をつまみつつ、ナカ、さらにキンミヤソーダに切り替えまして、これを1杯2杯3杯、何時間立ち飲みを続けるんだっつう状況となってまいりました。 

by hoppys | 2019-02-15 23:59 | 伊勢佐木でハッスル | Comments(0)

基本はホッピーで

a0038663_21520630.jpg

 若葉町通りの居酒屋「しまちゃん」にやってきました。1杯めは生ビール、エビスであります。海鮮がメインの店ですが、いきなり豚バラ串焼きをリクエストしました。それにマグロ串焼き、下仁田ネギといったところをいただきます。メニュウを見直してみると、若干意外なことにホッピーが用意してありました。ならば、2杯目はホッピーのセット、さらにナカで決まりです。
 続いて、立ち飲み「みんなのいばしょ」へ直行することになりました。飽きもせずまたもホッピーにします。店内のでかいTVで、タカさんのモノマネ番組に笑わせられつつ、やっぱりナカももらって、仕舞いにはキンミヤソーダにまで達することになるのでした。


by hoppys | 2018-11-24 23:59 | 伊勢佐木でハッスル | Comments(0)
a0038663_21494208.jpg

 伊勢佐木町の肉おでん「まるちゃん」にやってきました。まずはサッポロ赤星の中瓶をもらい、おでんは餅巾着にちくわぶであります。じっくり煮込まれ、ダシを吸っています。おでんを喰ってるうちにビールがなくなったので、キンミヤボトルを活用してホッピーを飲み始めました。まず白、次いで黒となります。毎日来ているという常連さんを馬鹿話を繰り広げつつ、キンミヤ焼酎をドボドボ入れたので、ナカ的な感じで4杯となっております。つまみに、豆もやしを追加しました。
 続いて、「みんなのいばしょ」へやってきました。2日連続となりまして、これは昨晩忘れ物をしたからだったりしますが、まあそれ以上に飲むことになります。今日はピンクことバイスサワー、これにポップコーンをいただきました。

by hoppys | 2018-11-17 23:59 | 伊勢佐木でハッスル | Comments(0)
a0038663_18194332.jpg

 イセザキ6丁目の裏側、おでんの「まるちゃん」へやってきました。表から、店内の盛況ぶりが感じられます。入口の扉を開けると、忙しいご店主に代わり、お客さんが奥の席が空いてると教示、案内してくれました。しかも、今しがた空いたばかりとのことで、すこぶる幸運であります。キンミヤのボトルを活用して、さっそくホッピーを飲むことにしました。おでんは、ちくわぶ、餅巾着にごぼう天、そして魚のスジをもらいます。魚のスジは、はんぺんと竹輪の間みたいなもので、これにたっぷり出汁を浸していただきました。ホッピーは、当初こそある程度分量を見計らって作っていましたが、だんだんと怪しくなり、気がつけば目の前には、かなり焼酎濃い目のホッピーが出来上がっています。しかも白黒白と3杯、自分で作って飲んでると無限大で非常に危ないわけですが、賑やかな店内で居心地のよさも相まって、さらにバイスをもらい、これを2回分で飲んでるくらいですから、こりゃあ、相当な酔っ払いが出来上がってもしかたがありません。

by hoppys | 2018-11-07 23:59 | 伊勢佐木でハッスル | Comments(0)
a0038663_23131473.jpg


 伊勢佐木6丁目から入った通りにある「まるちゃん」を訪れました。縄のれんをくぐって扉を開けると、狭い間口ながら意外に奥行きがあり、店内はコの字カウンターになっています。店主は忙しそうでしたが、常連らしいお客さんたちが親切に迎えてくれました。各ブランドの瓶ビールが選べるので、ここはサッポロラガー赤星の中瓶をもらうことにします。おでんのメニューは、レギュラークラスと日替わりの準レギュラークラスとの二本立てとなっておりまして、準レギュラー組は小黒板に書いてあるのを見せてくれます。ちくわぶ、たまごそれに大根あたりをもらうことにしました。よく見れば大根は300円、それだけのことはあり、直径と高さもかなりのシロモノが現れました。しかもおでんだしをたっぷりと吸収しているので、やっつけ甲斐があります。地酒なども置いてありますが、サワー類はソトナカ分離方式で、金宮のボトルは大小4種類から選べます。キープもできまるので、最大の900mlボトルをいただきましょう。まずはバイスで割ることにしました。適当なところで終了にするつもりでしたが、表は激しい雨となってまいりまして、これではしかたがない。ホッピーをもらうことにしましょう。まだ、さっきの大根も残っています。そのうち、気さくな常連さんたちと盛り上がってきたので、さらにホッピーをもうひと瓶追加することになりました。
 雨脚の弱まった頃合いを見計らって、7丁目の立ち飲み「かっ飛ばせ和田」に駆け込みます。ここでも、なぜかまたバイスサワーを飲み始めました。


by hoppys | 2018-10-20 23:59 | 伊勢佐木でハッスル | Comments(0)

イセザキでかっ飛ばす

a0038663_23185255.jpg

 イセザキ7丁目に、新しい立ち飲みができたので、行ってみました。以前は、用品店があったところですが、串揚げの店「かっ飛ばせ和田」となっています。秀逸なネーミングだと思います。店をやっているのが和田さんのようです。ホッピーセットは350円というありがたさ、400mlクラスのタンブラーですが、焼酎は思い切り2プッシュ、十分に注がれています。ナカとソトは200円でした。すべて150円の串揚げから豚、チーズ、紅ショウガあたりをいただきました。ほかにも300円クラスのメニュウが充実していて、必ずしも串揚げに特化しておらず、色々楽しめそうです。今日はきんぴらをもらいました。立ち飲み屋としては、昭和感が充満している一方、店内にはDJブースもあって、そっち方面と思しいお客さんたちも来ていました。しかし、純粋な酒飲みにも居心地の悪さなどは全く感じません。焼酎が多めなので、ナカを2回もらいました。営業時間は15時から22時、あらゆる意味で、2丁目の裏にある串揚げの立ち飲みとは競合しないと見ました。
 さて、このあとは近くの「えき缶酒場」で軽く飲んでそばで締めるかと思い、黄金町駅へと移動しました。まずはホッピーとコーンバターのハーフをもらいましたが、こっちも負けじと焼酎が大量でありまして、ホッピーを継ぎ足しつつ飲んでいるうち、そばを喰おうという意欲はどんどん後退していくばかりなのでした。

by hoppys | 2018-10-09 23:59 | 伊勢佐木でハッスル | Comments(0)

7月のイセザキ裏路地

a0038663_22360633.jpg
 
 猛暑の街を歩いて、イセザキの立ち飲み「みんなのいばしょ」にやってきました。店内のエアコンは古いのか、ただ汚れているだけなのかわかりませんが、とにかく君だけが頼りだ、がんばってくれと呼びかけ、とにかく冷たいホッピーを飲むことにしました。フライものは温度が上昇しそうなのでやめて、しまあじ刺しと、いつもの「大人気ツナマヨオニオン」をいただきます。ナカをもらってから、ピンクサワーに変更しました。バイスサワーのことでありまして、1杯につきバイスが瓶の半分、残りはキンミヤということになります。これを3杯もらったので、バイスを1瓶半、それにある程度多量のキンミヤ焼酎を喰らったという計算です。まあ、酔っ払ってくるのも無理はありません。
 次に、イセザキ4丁目の「和来」に立ち寄りました。やや遅い時間になると、カウンター席も落ち着いてきて、ひとりのお客さんが多く、いい感じです。ここでは瓶ビール、スーパードライの中瓶にしました。茶豆をかじりつつ、これをゆっくりと飲み続けることになりました。

by hoppys | 2017-07-24 23:59 | 伊勢佐木でハッスル | Comments(0)

深い感じの若葉町

a0038663_22241563.jpg

 伊勢佐木3丁目の裏当たり、若葉町の立ち飲み「マンナ」にやってきました。こちらは「ホルモン焼きバル」と称しておりますが、本格的な韓国料理が喰える立ち飲み屋であります。もちろん肉以外の韓国料理も充実しているので、チヂミ、キムチ、ナムル盛り合わせなど、自在にいただきました。その一方、酒はマッコルリなんかもありますが、ホッピーとかビールとか角ハイボールとか揃ってます。おれ自身も今夜はホッピーをもらいました。この店のホッピーの焼酎量が相当なのはあらかじめ判っておったのですが、やはりそのとおりでありまして、1瓶で焼酎4回いける感じですが、まだ19時前であんまり酔っ払ってもいけませんから、ここはホッピーを注ぎつつ、1瓶2杯で飲み終えることにしました。
 続いて、最近開店した末吉町の居酒屋「うたげ」であります。この場所は、割と短期間に店が入れ替わるのですが、すぐさま後継店舗が入るのが幸いです。店内は、リフォームされていますが、基本は以前と同じレイアウトで、カウンター席メイン、奥に座敷があります。店の規模の割に、酒もつまみもいろいろ揃っておりまして、酒のほうは、梅干し割を選びました。若干甘みのついているソーダでありまして、2杯めは焼酎とソーダだけ追加してもらいました。つまみは、ホッケ半身焼き、おひたしなどもらい、調子に乗った3杯目は麦焼酎「閻魔」の水割りであります。

by hoppys | 2017-03-18 23:59 | 伊勢佐木でハッスル | Comments(0)