びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:長者町でハッスル( 18 )

先の読めない週末の野毛

a0038663_23270597.jpg

 韓国料理立ち飲みの「マンナ」に登場しました。まだ早い時間なのでそれほどお客さんはいません。生ビール、定番の豚バラに、今日は韓国チヂミをもらうことにしました。このあたりが300円っつうのは、なかなか信じ難い状況であります。豚バラに添えられたキムチも、いつもどしどし喰ってしまいますが、よく味わうと深みがあるのです。生ビールはもう1杯となります。
 都橋商店街に移動し、1階の立ち飲み「○豊」となりました。こちらではジンジャーエール割をもらいます。タラコをじっくり焼いてもらっている間に、ジンジャーエール割は早くも2杯目となります。店内のTVでは、紅白出場歌手が、川崎あたりで焼肉を喰いまくっている番組をやっていました。幸い、おれ自身はさきほど「マンナ」の豚バラを喰らっているので平常心ですが、そうでなければ、次の店はホルモン焼き確実という状況でした。そんなやりとりしつつ、ジンジャーエール割は結局4杯に達しました。
 2階の「ホッピー仙人」に上がり、ちょっと落ち着いたところで着席して樽のホッピーをゆったり飲み、やって来る知人たちと談笑してもう1杯となっておりましたが、これで終わらないところが週末の楽しさとなるわけであります。
 野毛小路に移動して、久しぶりに「無頼船」のカウンターへとやってきました。ここではたいていギネスをいただくことになりました。店内照明が落とし気味なのもあってか、ギネスが進むにつれ、若干記憶もおぼろげとなりつつあります。
 最後に「tacobe」へとやってきました。こちらで少ししっかりしてから帰ろうという算段であります。最近ちょっと足が遠ざかっていたので気にはなっていたのですが、しっかり安否を気遣われておりまして恐縮であります。生ビールをぐいぐい飲んで元気いっぱいなところをアピールし、しかし千鳥足でいよいよ本日終了となりました。

[PR]
by hoppys | 2018-04-28 23:59 | 長者町でハッスル | Comments(0)

最近人気の豚バラで

a0038663_23065596.jpg

 若葉町の韓国料理立ち飲み「マンナ」にやってきました。正式にはホルモンバルと称しています。今日は一番乗りでありまして、カウンターの隅でまず生ビールを飲むことにしました。さすがのおれも学習して、ホッピーやハイボールは避けております。さらに、定番の豚バラとナムル盛り合わせをいただきます。豚バラには肉にキムチが添えられていて、肉だけキムチだけ両方併せてなど色々楽しめます。他のお客さんからも、豚バラとナムルは次々に注文が入っていました。ホッピーを注文するお客さんを横目に、おれは2杯目3杯目と生ビールを続けます。1軒目から、あの大量の焼酎を喰らっては非常に危険であります。で、会計は1800円でした。
 続いて、イセザキの立ち飲み「みんなのいばしょ」へ移動します。この店はなんでも「高原で1杯やっている感じ」がコンセプトなんだそうでありまして、まあ高原でこんな酒を飲むやつもそうはいないだろうと思いつつ、ホッピーをいただきます。さらに、定番人気とツイッターで宣伝している肉じゃがをもらうことにしました。店内にはおすすめアピールの張り紙ひとつありませんが、ひるまず注文します。もちろん、美味いには違いありません。店内のTVでは脳トレ的クイズの番組をやっていましたが、普段から冴えてるとは言い難い脳に、酒が回っているのだから正解が出るわけがありません。そんなこんなやっているうち、ナカにキンミヤソーダまで飲んじまっております。
 

[PR]
by hoppys | 2018-01-24 23:19 | 長者町でハッスル | Comments(0)

餃子に合うホッピー

a0038663_23445469.jpg

 「翠葉」本店で飲み始めることにします。ホッピーに餃子、豚バラサラダそれにピリ辛なザーサイをもらいました。テーブル席のお客を背に、夜の街を眺めながら飲むカウンター席もよいものです。ナカをもらって終了する予定でしたが、ザーサイが思ったよりも辛くて酒がなくなってしまい、キンミヤ焼酎の炭酸割を追加することにしました。
 野毛小路に繰り出して、「tacobe」に到着しました。金曜日の遅い時間は混雑するので、その前に1杯いただこうという算段であります。ここではカウンターで生ビールをいただきつつ、マスターママと喋ります。細かい銭が尽きるまで、生ビールは2杯となりました。
 伊勢佐木町の立ち飲み「みんなのいばしょ」が3軒目となります。酒はまたホッピーとなりまして、店の顔見知りや初来店のお客さんと盛り上がりつつ、ナカ、さらにキンミヤソーダと飲み続けることになりました。若干、なにかを繰り返しているような気分になりましたが、まあ気のせいでしょう。

[PR]
by hoppys | 2017-11-17 23:59 | 長者町でハッスル | Comments(0)

実在するセンベロの店

a0038663_23245589.jpg

 韓国料理の立ち飲み「マンナ」を訪れることができました。ついホッピーを注文してしまいましたが、この店のホッピーはかなり強烈なシロモノだったことに、すぐ気がつきました。果たして、登場したジョッキには、ほぼ半分焼酎が入っております。ホッピー1瓶で4杯ほどいける量であります。調子に乗って飲んでいては、せっかくの金曜日があと30分程度で終了してしまうことは確実、ここで早くも勇気ある選択を迫られることになりました。これ以上の焼酎はもらわず、このホッピー1瓶でやっつけることにしたわけです。ナムルと豚バラもいただいておきましょう。ナムルは、よく焼肉屋で出てくるような3種盛ですが、量はその2~3倍、いつもの豚バラはキムチも付いてくる美味いやつです。以上3品で会計はちょうど千円。ナムルやめてナカをもらえば、ベロベロになって千円で釣りがくることになります。
 ここで「マンナ」を撤退、いや都橋商店街へと転進することにしました。「ホッピー仙人」で引き続きホッピーを飲もうという算段ですが、さっきの強烈ホッピーの後だけに、飲みやすくすいすいといってしまいます。今日は黒樽が終了したので、白樽をメインに1杯2杯3杯4杯と気分よく飲み続けましたが、そこはキンミヤ焼酎がしっかり入っているわけで、遅かれ早かれ酔っ払いのできあがり、ここでいよいよ完全に撤退となるわけです。

[PR]
by hoppys | 2017-11-10 23:59 | 長者町でハッスル | Comments(0)

夏の暑さには「マンナ」

a0038663_14043648.jpg

 若葉町の韓国料理立ち飲み「マンナ」にやってきました。カウンターで生ビールを飲み始めました。モルツになります。いただくのは豚バラ、たっぷりな量のキムチもついていて美味いやつです。他に2グループいて、どしどし注文しているので、ここはカウンターの大皿料理をもらいましょう。なにか韓国風の名前があるのかと思って聞いてみると「とうふ」とのことでした。これにチヂミとかにかけるタレをかけると、実に酒に合うことになります。で、生ビールももう1杯、これで会計が1,300円というのだから助かります。
 続いて、イセザキ4丁目の「ばんぶー」に登場しました。前回持ち帰りになったホッピーセット980円をいただきます。キンミヤ300ml瓶とホッピー、それに氷がカウンター上に並ぶことになります。平日とあってか、カウンター席で、1人2人で飲んでいる常連っぽいお客さんが多いようです。串焼きにも人気があるようですが、枝豆とか冷奴とかつまみ、ホッピーを飲み続けました。2本目ソトは、まだ白が冷えていないとのことで黒に致しましたが、同時に白黒注文してハーフ&ハーフを作ることもできるわけです。そんな感じで、冷えた白まで飲んでいると、店内のTVがtvkのベイスターズ戦に切り替わりました。


[PR]
by hoppys | 2017-06-28 23:59 | 長者町でハッスル | Comments(0)

大岡川で花見を強行

a0038663_16332887.jpg

 なかなか満開といかない今年の桜ですが、もう待ちきれんということで、多少暖かくなったのを機に、大岡川沿いへと繰り出しました。長者橋際に「BoilerMaker」の屋台があったのでここで1杯やることにします。完全に路上です。ママさんが店と同じように着物姿で迎えてくれました。花の下で、不断に増して風情があります。生ビールとおでん、どちらも500円です。
 川沿いの桜を楽しみつつ、野毛へ移動、「武田屋」にやってきました。キンキンに冷えたシャリキン樽黒ホッピーに自家製コンビーフ、牛タン串焼き、続いてアミノ酸割りで元気をつけたあと、再び大岡川沿いに戻ることにしました。屋台とぼんぼりは9日までとなっております。急げ。

[PR]
by hoppys | 2017-04-05 23:59 | 長者町でハッスル | Comments(0)

若葉町に新しい立ち飲み

a0038663_23332107.jpg

 イセザキで一杯やるかとモールを進撃していたおれでしたが、急にとんかつが喰いたくなり、急遽反転、長者町8丁目の「長八」に現れました。ロースかつ定食に、麦焼酎「中々」のお湯割りなんぞをいただいています。珍しく豪華な夕食の後は、いつものとおりイセザキの「みんなのいばしょ」に直行となりました。もつ煮込みをもらい、ホッピーなど飲んでいると、店主が、若葉町に新しくできた立ち飲み屋の話をし始めました。このへんが気のいいところなんですが、それじゃあおれもあとで向かうことにして、しかしその前に、ナカ、ピンクことバイスサワー、さらにキンミヤお湯割り梅干し入りを2杯と飲み、それからの移動となりました。
 その若葉町の立ち飲みは「たちんぼ」と言います。手製っぽい木の立ち飲みテーブルが並び、ざっと数えて50人くらい入れます。数人分のテーブル席は、200円かかるそうです。ホッピーやサワー類は380円程度、バイスやガラナなんかもあり、焼酎はキンミヤのようです。今日は開店早々ということで、約半額となっていました。ホッピーとマカロニサラダをもらいました。おれ的には、ぜひがんばってほしい立地でありまして、このタイミングでだいぶできあがってはいますが、ご祝儀にナカももらっておきましょう。

[PR]
by hoppys | 2017-01-14 23:59 | 長者町でハッスル | Comments(0)

頼みは「翠葉」の餃子

a0038663_22591763.jpg
 
 長者町の中華料理「翠葉」本店にやってまいりました。窓に向いたカウンター席、左端が、一番眺望のいい場所になります。早速ホッピーと餃子、それにメンマをいただくことにしました。夜の街を眺めながら飲み喰いするのもなかなか気分がよく、お気に入りであります。ナカをもらって、瓶から残りのホッピーを注ぐと、これが気持ちいいほどぴったりの量となりました。さらに定番豚バラサラダ、キンミヤソーダ割もいただいております。
 外に出るとこれがまたかなりの寒さでありまして、3杯分の酔いも一気に醒める気がいたします。実際はほとんど醒めておりませんが、とにかくそんな気分で都橋商店街へと辿り着き「ホッピー仙人」へと入りまして、またホッピーになります。新年一発目ということで、お馴染みの顔とも挨拶をかわしつつ、2杯ほどいただきました。もうすぐ閉店時間コールが若干けたたましく鳴り響いたところで飲み切って終了しました。
 酔いが進んだためか、先ほどのような寒さは感じないまま、野毛小路「tacobe」へ到着しました。カウンターで、今日は角ハイボールをもらうことにしました。まあなんだかんだと喋るうちにもう1杯いただき、みなさん今年もよろしくというシメになります。
 

[PR]
by hoppys | 2017-01-06 23:59 | 長者町でハッスル | Comments(0)

野毛入り前に餃子から

a0038663_23312529.jpg
 長者町の「翠葉」本店にやってまいりました。二階のフロア、窓際のカウンター席に落ち着きます。バス通りや、日ノ出町駅前交差点あたりが望める、若干アーバン感のあるカウンターです。ホッピーと餃子、それに豚バラサラダを注文しました。街の様子を眺めながらゆっくり飲むのもいい感じです。呼び出し用のベルもありましたが、構うことなく肉声でナカももらっています。
 さっきまで眺めていた長者橋を渡り、野毛小路へとやってまいりまして、「tacobe」であります。カウンターで、生ビールをもらってゆっくりさせてもらいました。今日は上大岡の居酒屋さん勤務のお客さんも来ていて、野毛と上大岡の店舗情報を交換したりしております。最近の「tacobe」は、壁側のカウンター席で、たこ焼きとワイン1杯でさっと帰るお客さんが多いようです。なかなか洒落たやり方とは思いますが、おれ自身はたこ焼きも喰うことなく、ひたすら酒を飲みながらマスターママと無駄話を繰り返すスタイルを崩すことがありません。というわけで、今宵も生ビールが3杯となりました。

[PR]
by hoppys | 2016-12-08 23:59 | 長者町でハッスル | Comments(0)
a0038663_21494331.jpg

 今夜は、久しぶりにあのキクチタケシが、横浜でライヴをやるということで、我々も集合しました。会場は、長者町の「翠葉」本店3階にできたライヴハウス「C'est la vie.」となっています。
 しかし、我々はひとまず吉田町の「角清」にやってきました。少しでも時間があれば飲んじまうのはいつもの習性であります。ここはかなり飲み屋寄りの蕎麦屋でありまして、晩酌セット1,200円は、充実のつまみ2品と1杯がいただけます。気になったのは「冷たい蕎麦湯割り」というやつで、さっそく注文してみますと、まずグラスに丸氷と焼酎、そして別途温めの蕎麦湯がついてきます。グラスに蕎麦湯を入れると、徐々に氷が溶けて冷たく飲めるようになってきます。なかなか気の利いた一品なので、追加でもう1杯もらってしまいました。
 さて、肝心のライヴは19時30分スタート、「C'est la vie.」は、元々ライヴ会場として作られたので、ちょうどいい大きさで、レイアウトに無理がありません。キクチタケシは、大阪で知り合った鹿児島出身の松藤量平を伴って登場、彼もまた実力者でありまして、息の合ったプレイで、音楽性の高い大人の歌を次々に披露してくれました。じっくり聴かせます。まあそれはともかくとして、既にこちらはすっかり温まっているので、階下の「翠葉」の餃子やキンミヤボトルなんかをどしどしいただきました。ここは、見やすいうえに飲食充実のなかなかご機嫌な会場であります。
 ライヴ終了後は、みんなで下に降りて反省会と相成りました。この頃には完全に盛り上がっておりまして、引き続き中華料理とキンミヤハイボールで延々飲み続ける流れになるのでした。
[PR]
by hoppys | 2016-10-21 23:59 | 長者町でハッスル | Comments(0)