人気ブログランキング |

びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ:ハマでお楽しみ( 183 )

花見の後もお楽しみ

a0038663_21335796.jpg

 根岸森林公園で花見を敢行した我々は、山を下りて、中村町の「山上酒店」にやってきました。お休みだった機関もありましたが、最近、復活されたようで心強い限りであります。店内に貼られている横浜高校野球部のペナントが懐かしいです。すだち酎的なやつをいただき、さっぱりさせていただきました。
 続いて、徒歩でぞろぞろと移動、永楽町の居酒屋「楽」に到着しました。格安の店で、酎ハイを飲み始めました。たまごサンドなんかももらいました。わいわいとやっているうち、酎ハイは3杯となっております。
 次はイセザキに繰り出して、立ち飲み「ドラム缶」であります。徐々に北上している感じですが、ここではアナコンダ言いたいだけのバイスになりました。毎度登場するこのくだりがよくわからない人は、天山、T2000、必殺技などで調べてみてください。おれがバイスの2杯目を飲んでるあたりで解散、みんなあちこちに散っていきました。
 じゃあもう1軒、「みんなのいばしょ」にも立ち寄ることにしましょう。多少は静かに、たこぶつをもらってキンミヤソーダを飲んでおります。やっぱりここでももう1杯もらっておくことに致しましょう。

by hoppys | 2019-03-30 23:59 | ハマでお楽しみ | Comments(0)
a0038663_13022931.jpg

 昨年に続き、「横濱金沢グルメ&ビールフェスタ」が八景島で開催されました。前売チケットは、ビールが10杯飲めて3,200円、ちょい値上がりしましたが、出展する醸造所の数が増え、会場も広くなりました。「ラ・フシオン菜」の煮穴子飯や、タコ多めのタコ焼きなどいただきつつ、全国のクラフトビールを楽しむことにしましょう。岡山の真備からは真備竹林麦酒醸造所が参加、台風の被害状況を伺ったところ、やはり醸造所は水浸しとなり、発酵中のビールがだめになってしまったとのことでした。ただ、幸いご自宅が無事だったため、元気に再開しているそうでなによりであります。また、沖縄のゴザ麦酒工房は、台風襲来直前の飛行機で、なんとか無事に到着したそうです。しかも、前夜野毛で飲んでいたとのタレコミがありました。そんな愉快な会場で明るいうちから飲んでおりましたが、酔いの進行に比例して、あたりはどんどん暗くなり、気が付けばすっかり夜であります。今年の10杯は、横濱金沢ブリュワリーの小柴レモンハニーエールから始め、岡山・真備竹林麦酒醸造所のローストっぽいやつ、香川・ミロクビールのヴァイツェン、沖縄・コザ麦酒工房の三線ペールエール、山陰マイクロブルワーズからは浜田の白、岡山・吉備土手下麦酒醸造所のIPA、徳島・Awa新町川ブリュワリーのすだちハニー、再びコザ麦酒工房からシーサー黒糖ブラウン、さらに空手黒帯スタウト、そして地元、南横浜ビール研究所ヴァイツェンでシメとなりました。
 まあそのまま帰りゃあいいのですが、シーサイドラインに乗って新杉田へ到着、ここから杉田商店街をKQ杉田駅までつつがなく通り抜けようとするのは、非常に困難なミッションでありまして、やはり途中の「和来」で1杯始めることになりました。サラダなどつまみつつ、レモンサワーに酎ハイと飲んでおります。

by hoppys | 2018-10-06 23:59 | ハマでお楽しみ | Comments(0)
a0038663_22100859.jpg

 今年も、横浜オクトーバーフェストが始まりました。初日から大盛況であります。記念すべき1杯目は、ホフブロイのドゥンケルとなりました。ドイツ系のやつは小さいサイズでも500mlで、飲みごたえがあります。2杯目は、レーベンブロイのヘル、だいたい1杯1,000円から1,500円、さらに戻ってくるとは言え、デポジットでグラス代が1,000円かかるので、結構な負担感あります。ということで、3杯目からは多少お手頃なサンクトガーレンに切り替え、湘南ゴールド、プレミアムヴァイツェンと、次々に飲んでいきました。会場内は、外国人のお客さんが目立ち、巨大なジョッキで陽気に飲んでいるのが楽しいところです。なんだかんだで、ラストオーダーの20時まで飲み続けました。値段が高いとか言ってましたが、でかめのジョッキでどんどん飲んでいると、払った分はしっかり酔っ払ってまいりました。

by hoppys | 2018-09-28 23:59 | ハマでお楽しみ | Comments(0)
a0038663_23055008.jpg

 2018年の野毛大道芸は、4月21日、22日に開催されました。たいてい、どちらかは悪天候となるのですが、幸い今年は両日とも天候に恵まれました。21日の土曜日は冷やかし程度に覘いただけだったので、22日の日曜日は、午後から繰り出しました。
 メインステージとなる本通りを中心に、多くの見物人でにぎわう中、まずは柳通りに向かいました。ここに構えている「トモ」の出店で、生ビールをもらいました。大道芸となると、毎回1杯目は「トモ」で買うことに決まっているのです。この生ビールを飲みつつ、頭のおかしくなる酒を飲ませる「SHEVA」の前を通らないよう、細心の注意をはらいながら、路地を徘徊しました。野毛に呼ばれた大道芸人は、本当にギャラはなくて、崎陽軒のシウマイ弁当しかもらえません。投げ銭だけが当日の収入になるのです。
 次の一杯はキリンがよいぞと思いつつ探すと、「桐のや水産」が、なぜかミラクル商会店の前で生ビールを出していたので、これ幸いといただきました。気持ちいい春の陽気なので、吉田街のほうも回ってみることにしましょう。

by hoppys | 2018-04-22 23:59 | ハマでお楽しみ | Comments(0)
a0038663_09205026.jpg

 10月7日から9日まで、横浜八景島で、クラフトビールが飲める「横浜金沢クラフトビール&グルメフェスタ」が開催されると聞き、早速やってきました。3,000円でビールが10杯飲める前売チケットを要領よく入手しての来島であります。地元金沢・能見台の横浜金沢ブリュワリーの発案になる企画とのことで、全国から12の地ビール醸造所が出店しております。午後に会場に到着しますと、既に会場は大賑わいでありました。
 ビールは、200mlのプラカップで出てきまして、場内に用意された流しで洗浄することができます。試飲でもなく1杯でもないちょうどいい量なので、どしどし飲めます。主催者に敬意を表し横浜金沢ブリュワリーの「横浜シーサイドIPA」から始め、神戸IN THA BREWING「ホッピーセゾン」、石見麦酒「ベルジャンホワイト」、コザ麦酒工房「三線ペールエール」、ふたつめの地元醸造所・南横浜ビール研究所「ポーター」、吉備土手下麦酒醸造所「香りの麦」、福山クラフトハートブルワリー「ビター」、徳島RISE&WIN「ポータースタウト」、徳島Awa新町川ブリュワリー「やっとさーIPA」、ラスト・横浜金沢ブリュアリー「小柴レモンハニーエール」までいただきました。
 他に、地元食材の小柴あなごめし、永島農園のしいたけ串焼き、ハマケイの焼鳥、金沢魚介ラーメンと喰いまくっております。来年以降もぜひ繰り広げていただきたいと思いつつ、千鳥足で八景島を後にするのでした。


by hoppys | 2017-10-07 23:59 | ハマでお楽しみ | Comments(0)
a0038663_23120006.jpg
 
 今年も、横浜オクトーバーフェストの季節がやってまいりました。会場の横浜赤レンガ倉庫は若干雨模様でありますが、去年より拡大したテント内のテーブル席を確保することができました。各ブースで、甲乙つけがたいビールが覇を競っておりますが、まずはレーベンブロイをセレクトしました。500mlをデポジット別1,000円で飲めるのはここだけであります。しかも、雨の日サービスということで、試飲サイズのオマケもいただきました。ドイツっぽくロングポテトとかつまみながら、2杯目はフレンズブルガーのドゥンケル、400ml1,200円となっております。いつもより値が張りますから、ビールはそこそこにしておこうと思いつつも、会場内の雰囲気でつい飲み続けてしまいます。3杯目は横浜ビール、1,200円で250ml2種類のハーフセットをいただきました。気が付けば、本日最後のステージも始まり、今年もすっかり盛り上がっております。

by hoppys | 2017-10-02 23:59 | ハマでお楽しみ | Comments(0)

日本丸と生ビール

a0038663_23280504.jpg

 なんやかんやで、今夜もビアガーデンにやってくることができました。おなじみ、イセザキの立ち飲み「みんなのいいばしょ」主催のビアガーデン大会なのです。店には、数人しか立飲みできませんが、この会には20人以上集まって、盛大に繰り広げられました。会場は、日本丸メモリアルパークで、隣接した「AKITO」という店が、料理を出してくれます。この場所、来てしまえば、目の前に帆船日本丸、その背後にはランドマークタワーも臨める最高の立地なのですが、休日はともかく、平日夜には人通りがないという難点がありまして、店が何度も変わっております。今回の「AKITO」は、なかなか美味い料理を出してくれたので、ぜひ頑張ってほしいところです。話が逸れましたが、今夜は飲み放題となっておりまして、ビールとワインは自分で注ぎます。ビールは日高屋で見たような、ジョッキが傾いて適量注いでくれる機械を使います。ついジョッキと書いてしまいましたが、プラカップです。サワー類などは、店のカウンターで注文します。おれ自身は面倒なので、もっぱらビールとワインばかり飲み続け、トータル8杯ほどいただき、だいぶテンションもあがっていきました。

by hoppys | 2017-08-23 23:59 | ハマでお楽しみ | Comments(0)

藤棚で楽しい角打ち

a0038663_23565909.jpg

 しばらく前に藤棚商店街を散歩しているときに見つけた、角打ちの「福田屋本店」に行ってみました。一見普通の酒屋ですが、奥のレジ横に秘密の角打ちスペースがあります。嘘です。表に店内飲みスペースありますとしっかり表示されています。キリンラガー中瓶をもらっていよいよ飲み始めます。立ち飲みではなくて、テーブルと椅子があり、落ち着いて飲むことができるのでした。最近「週刊ポスト」に紹介されたとのことで、雑誌を見せてくれました。それによれば元倉庫を改装した店とのことで、確かにそんな内装です。それから、「浅見本店」と同じく大正2年の創業と教えてもらいました。駄菓子的なつまみや総菜、さらに今日は250円のおでんを強く推奨されたのでもらうことにしました。地元の味のあるベテランが、入れ替わり立ち替わり登場、初めての客を気さくに受け入れてくれました。椅子があるので、立ち飲みの角打ちより距離感が近いような気がします。居心地のいいところで、ラガーの瓶をもう1本もらいました。
 続いて、日ノ出町から宮川町「遊」にやってきました。ここもフレンドリーな雰囲気で迎えてくれる店です。ホッピーをもらいましたが、大量のキンミヤ焼酎が入っております。豆腐料理の店なので冷奴などいただき、さらにまた大量なことは承知の上でナカをもらいました。3杯めはキリンビール「横浜づくり」の中瓶、しかしこれもまたもう1本追加してしまいました。

by hoppys | 2017-04-29 23:59 | ハマでお楽しみ | Comments(0)

結局は酒が主役

a0038663_22161566.jpg

 今夜は、長者町のライヴハウス「セ・ラ・ヴィ」で、キクチタケシのステージとなっておりまして、開演までの若干の時間を余すところなく利用、野毛「たべもの横丁」の立ち飲み焼鳥「鳥むすめ」で飲み始めました。ホッピーをもらい、焼鳥数種類、ナカさらに梅干しサワーと、早くもどしどし喰らっています。メニュウが変わって梅干し入りサワーの表記がようやく正しくなりました。
 「翠葉」本店3階の「セ・ラ・ヴィ」に到着、テーブルには餃子とキンミヤ焼酎ボトルが所狭しと並んでいて、これを2ステージのうちにぐんぐんといただかなくてはなりません。しかし、気が付くとすっかりなくなっていたから、酒飲みというのは恐ろしいものです。
 しかし、まだ飲み足りないということで、若葉町の立ち飲み「マンナ」にお邪魔することになりました。こちらでは当然マッコリとキムチ、しばしわいわいとやらせていただきまして、大変ありがとうございます。


by hoppys | 2017-03-10 23:59 | ハマでお楽しみ | Comments(0)

そろそろ表飲みを

a0038663_21430800.jpg
 
 天気のいい土曜日、八幡町の角打ち「内藤酒店」に現れました。まずはここでゆっくり氷結かなんかいただいております。今日はまあ暖かく、だんだん陽も延びてきて、しみじみ幸福感が味わえる時間となりました。
 ゆっくり市街を散歩しつつ、野毛に達しまして、「tacobe」にやってきました。すでに若手の客も歩いていますが、まだこの時間の連中はお行儀もいい感じです。カウンターで、生ビール、角ハイボール、さらにもう1杯と飲み続けました。カウンター同席のお客さんとの無駄話、しかし今日は無駄とも言い難いいい情報もいただきました。
 人通りが多くなってきた野毛の喧騒を避けてもう1軒、イセザキの立ち飲み「みんなのいばしょ」であります。ここではホッピーを飲み、ぐつぐつやっていたので、自家製の鳥なんこつ煮、これがなかなか美味でありまして、もう1杯ナカをもらって、満足な1日となりました。

by hoppys | 2017-02-11 23:59 | ハマでお楽しみ | Comments(0)