びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys

<   2018年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

立ち呑み本舗なか川へ

a0038663_13561347.jpg

 上大岡の立ち飲み「なか川」で飲み始めることになりました。最近、なんとなく店内で落ち着く場所が決まってきました。ホッピージョッキで出てくるホッピーに、串焼き、まぐろのしぐれ煮、マカロニサラダなんかをもらいました。串焼きは、手元のメモに本数や味付けを記入して注文します。この後2軒行くぞと怪気炎を上げるお客さんを見送り、ナカをもらった後にはバイスであります。
 2軒目は「じぃえんとるまん」、一昨日の杉田店に続いて、中核たる上大岡本店への登場となります。表からでもわかる、いつもながらの大混雑大盛況ではありますが、入口左手のひとり用スペースが空いているのを確認しての入店となります。こちらでも相変わらずホッピーを注文、ひじき煮とかつまみながら、タイミングを見てナカをいただきました。ようしおれももう1軒くらいと思ったのですが、焼酎が蓄積したのか、この段階で早くもふらついております。

[PR]
by hoppys | 2018-01-31 23:59 | 上大岡でハッスル | Comments(0)

杉田で立ち飲み3打席

a0038663_22493558.jpg

 本日、杉田での1軒目は、立ち飲み「よしべぇ」となります。早くも賑やかな店内、奥の壁に設えられているテーブルでホッピーを飲み始めました。串焼きが焼けるまでの繋ぎには麻婆大根をいただきましたが、これがなかなかの美味でありました。よく焼きにしてもらったささみなど喰いながら、さらにナカももらっております。
 最近、隣にも立ち飲みができたようですが、今日は休みのようでありまして、横須賀街道を渡って、「じいえんとるまん」に移動しました。こちらでは、360円の金宮生ホッピーの中をもらいました。名称はメニュウ表記のとおりであります。一緒にいただくのはコーンバターウィンナーに致しました。
 次の「愛知屋酒店」は目と鼻の先となります。冷蔵庫から瓶ビール、キリン一番搾りの大を取り出して、カウンターの一番奥で飲み始めました。キリンの大瓶はもともとスリムなうえに、最近軽量瓶になったとのことで、カウンターに並んだ他社の大瓶と比べると明らかに形状が違いました。まあ、こんなどうでもいい興味深いことを学べるのも、酒屋さんの良さといえましょう。勉強ついでに、次は一番搾りの中瓶を持ってきて、大瓶と並べたりしながら飲んでおります。

[PR]
by hoppys | 2018-01-30 23:59 | 杉田でハッスル | Comments(0)
a0038663_23052146.jpg

 鶴見の立ち飲み「風」にやってきました。鶴見銀座裏の歓楽街を抜けた第一京浜沿いにあります。厚手の透明ビニールシートの中に入りますと、辛うじてカウンターがあります。外はひどく冷えますが、このシート、野毛小路の「よりみち」で体験している通り、意外に断熱効果がありまして、中でおでんをぐつぐつやっているせいもあり、思ったより快適であります。しかし、このような状況でも、反射的に冷たいホッピーをコールしてしまう癖はなんとかしないといけません。そのホッピーは380円、ひと品100円のおでんをいただいて温まることにしましょう。他にもつまみのメニュウがあり、さらにそばうどんもいただけるようです。ビニールシートのおかげで、一応店内にいる感じですが、足元を見ると表との境目がありません。後ろは天下の第一京浜、なんとも不可思議な空間となっております。とはいえ、おでんのだしが美味くて、200円のナカと併せて追加注文させてもらいました。
 続いて、東口駅前ロータリー沿いにある立ち飲み「とんちゃん」にやってきました。相変わらずの混雑ぶりでありまして、みなさんビール腹を引っ込め、狭いスペースに収まり、譲り合って飲み喰いしております。この賑わいでは、店内寒さとは無縁となります。おれ自身も、カウンターの角でバイスを飲み始めました。メニュウ上では、ホッピーと同じカテゴリになっていて、セットとナカを注文できるようですが、量が微妙な感じだったので、継ぎ足して飲んでしまいました。味噌キャベツや串焼きを喰いながら、バイスをもう1杯もらうと、これでバイスの在庫終了、そのあとはトマトハイに切り替えて1杯2杯3杯と飲み続けるのでした。

[PR]
by hoppys | 2018-01-26 23:59 | 鶴見でハッスル | Comments(0)
a0038663_23191940.jpg

 たべもの横丁の立ち飲み「鳥むすめ」へやってきました。カウンターの隅で、ホッピーとさらに串焼きを何本か注文しました。一番扉に近いところで、去年ここで飲んでいた時は、人が出入りするたび寒い思いをしたのですが、今日は様子が違います。訊いてみると、よく閉まらなかった扉を少し削ったとのことで、なるほど、力を入れなくても扉がしっかり閉まるようになりました。そこで、安心して、冷たいホッピーを飲み続けることができました。ナカをもらって、さらにホッピーセット、そしてナカと、話も弾んだんで、いきなり調子が上がっております。
 続いて、都橋商店街に移動、立ち飲み「○豊」であります。店内には飲み仲間もいて楽しいところで、金魚をもらうことにしました。店内暖まっているので、ある種贅沢に冷たいやつです。唐辛子の辛みが効いて、むしろ飲みやすいやつでありまして、もう1杯いっておきましょう。
 3軒目は、本通りの「カフェバジル」となります。店内で、既にできあがっている初対面のお客さんを軽くイジりつつ、生ビールを1杯、気が付けば、今夜お世話になった店のスタッフは全員でした。そして、最後まで座ることのないまま、本日はこれまでとなります。

[PR]
by hoppys | 2018-01-25 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

最近人気の豚バラで

a0038663_23065596.jpg

 若葉町の韓国料理立ち飲み「マンナ」にやってきました。正式にはホルモンバルと称しています。今日は一番乗りでありまして、カウンターの隅でまず生ビールを飲むことにしました。さすがのおれも学習して、ホッピーやハイボールは避けております。さらに、定番の豚バラとナムル盛り合わせをいただきます。豚バラには肉にキムチが添えられていて、肉だけキムチだけ両方併せてなど色々楽しめます。他のお客さんからも、豚バラとナムルは次々に注文が入っていました。ホッピーを注文するお客さんを横目に、おれは2杯目3杯目と生ビールを続けます。1軒目から、あの大量の焼酎を喰らっては非常に危険であります。で、会計は1800円でした。
 続いて、イセザキの立ち飲み「みんなのいばしょ」へ移動します。この店はなんでも「高原で1杯やっている感じ」がコンセプトなんだそうでありまして、まあ高原でこんな酒を飲むやつもそうはいないだろうと思いつつ、ホッピーをいただきます。さらに、定番人気とツイッターで宣伝している肉じゃがをもらうことにしました。店内にはおすすめアピールの張り紙ひとつありませんが、ひるまず注文します。もちろん、美味いには違いありません。店内のTVでは脳トレ的クイズの番組をやっていましたが、普段から冴えてるとは言い難い脳に、酒が回っているのだから正解が出るわけがありません。そんなこんなやっているうち、ナカにキンミヤソーダまで飲んじまっております。
 

[PR]
by hoppys | 2018-01-24 23:19 | 長者町でハッスル | Comments(0)
a0038663_23020774.jpg

 子安駅近くの「美加登屋酒店」にやってきました。つい先日も訪れたのですが、お客さんが溢れ、半ば店外に押し出されている状況だったので、その際は諦めました。今日は若干時間が早かったせいか、まだ余裕がありました。キリン横浜づくりの大瓶を持ち出して、カウンターで飲ませてもらいます。ここに限りませんが、昔ながらの角打ちの店では、古びた木目の内装に囲まれて飲むビールに味があります。よく見ると若干ギミックもありましたが、これもまたヨシとしましょう。1本飲むうちに、ひとりまたひとりと、いつものお客さんたちが出勤してきたようです。
 続いてKQに乗り、生麦へ移動しました。駅前の密集した商店街から、第一京浜を渡り、大黒埠頭に向かう産業道路の左側にある「ご機嫌酒場ひょっとこ」に入ってみました。カウンター6席とテーブル席が10人程度、酒のメニュウも豊富で、近所に1軒ほしい感じの、なかなか好ましい雰囲気の酒場であります。刺身系と串焼きが充実しているようです。酒は引き続き生ビール、串焼きは、ねぎま、トマト巻きにシイタケ、さらに冷奴といったところを注文、串焼きはちょっと焦げ付きで上手いところです。バイスサワーは380円ですが、ナカも注文できるようになっていて、やっぱりかなり焼酎多めで登場しました。ナカはもらわず、バイスを注ぎ足して飲み終えました。
 タイミングを見計らって、立ち飲み「大番」へとやってきました。表からガラス戸越しに空きスペースを確認できたので突入します。ここでもキリンラガーの大瓶、併せていただくのは、ずばり、鮪ナカオチと大番汁、今夜は珍しく1軒目から計算通りであります。いや、ウルメ丸干しももらっておきましょう。


[PR]
by hoppys | 2018-01-20 23:59 | 子安でハッスル | Comments(0)

夜も激戦区だ上大岡

a0038663_15200089.jpg

 上大岡の「中村屋」にやってきました。厨房側のカウンター席でホッピーを飲むことにします。まずは出てくるのが早そうなおでんをもらいました。かなり焼酎が多いようですが、ナカを追加、今度は串焼きにします。豚バラやねぎま、シイタケ、トマトと注文、トマトは肉巻きでなく、トマト100%なやつでした。だんだん席が埋まってきたところで、もう1杯、ウメサワーに梅きゅうでシメることにしました。なお、この店、金曜土曜と祝日前は大奮発、夜の3時まで営業するというから大したものであります。
 続いて、さかえどおりの立ち飲み「じぃえんとるまん」に現れました。非常に混み合っているようですが、何人か出てきたお客がいるので、とりあえず奥まで進むと空きスペースがありました。酔っ払いで、まさに押し合いへし合い、大盛況であります。ホッピーはアカ、マカロニサラダはカレー味と、今日は変則で押してみました。ナカは150円、これじゃ満員になるわけです。

[PR]
by hoppys | 2018-01-19 23:59 | 上大岡でハッスル | Comments(0)
a0038663_23244561.jpg

 今年も新子安駅界隈でお世話になります。かなり激しくなった雨の中、駅前の「立ち呑み本舗 じおう」にやってきました。冷え込む夜でもひるむことなく生ビールを注文、キンキンに冷えたジョッキで出てきます。串焼き数本に一口ヒレカツをもらい、ゆっくり飲んでいるうちに温まってきました。2杯目は、カウンターの常連さんたちが飲んでいる瓶ビールにしました。冬季限定のキリン横浜づくりの中瓶であります。コップは使わず、生ビールのジョッキにどぼどぼ入れて飲み始めました。すぐそこの横浜工場で作っていると思えば、旨さも倍増です。京急の快特がすっ飛ばす音に、踏切の警報音が店内に響きます。開いている時間のほうが少ないくらいなので、踏切マニアにはおすすめの店であります。
 その踏切を渡るももどかしく、KQ線を越えて「諸星酒場」に移動しました。今夜はこの雨のせいもあってか、長いカウンター席にも余裕がありました。それならばおれが沢山飲んでしまいましょう。末席の12番に落ち着き、まずはバイスを2杯、「じおう」で豚肉鶏肉をいただいているので、こちらでは、温め豆腐と漬物盛り合わせなんぞをもらいました。漬物盛り合わせには、嬉しいことにいぶりがっこも入っています。帰り道が冷えることを考慮して、3杯目からはキンミヤ焼酎お湯割り梅干し入りに切り替えました。これを2杯ほど飲んでいくと、焼酎の濃さを実感することができました。道理で「諸星」帰りはいつも千鳥足になるわけです。


[PR]
by hoppys | 2018-01-17 23:59 | 子安でハッスル | Comments(0)

上大岡は大岡川沿いで

a0038663_23215824.jpg

 上大岡の「立ち呑み本舗 なか川」にやってきました。ミツワセンターという、昔のショッピングセンターの2階にあります。1階にも焼鳥の立ち飲み屋があって、すっかり飲食店街となっているようです。まずはホッピーを注文、今日は初めて串焼きをいただくことにしました。ねぎまとか豚バラとかトマト巻きとか焼いてもらいましょう。さらに鶏肉大根煮、イワシ焼きといただきました。つまみ類は、刺身など海鮮系も充実しているようです。焼酎はキンミヤがあって300円でしたが、十分旨いので、通常のナカ220円のやつにしておきました。さらに、野沢菜漬をもらってバイスも飲んでしまいました。
 続いて、「成田屋酒店」であります。ここで焼酎をもらうと、あまりに大量で月曜からやられてしまうので、瓶ビールにします。スーパードライの大瓶で、若干の意地を見せることにしました。2袋40円のわさび豆をかじりながら、コップでちびちびと飲み続けました。気が付けば、カウンターの中を可愛らしい猫が行ったり来たり、これは癒されます。

[PR]
by hoppys | 2018-01-15 23:59 | 上大岡でハッスル | Comments(0)

これが「三国屋」か

a0038663_23225762.jpg


 神奈川区の東横線近く、広台太田町にある「三国屋酒店」にやってきました。もっとも、東横線は地下に潜ってしまっているので、走行する電車は見えません。既に陽が落ちていましたが、暗い路地にぽつんと灯る照明が、酒飲みを導いてくれます。表にはビールケースが積まれていてどう見ても酒屋さんですが、店内のカウンターテーブルにはすっかり椅子が並んでおりまして、普通に居酒屋のようであります。酒や料理のメニュウもありました。その一方、冷蔵庫にある瓶ビールや缶酎ハイも飲むことができ、テーブルには菓子類も用意してあるので、やっぱり角打ちの楽しさを味わうことができました。しかも、ちょうど常連さんがひとりいらっしゃるだけという、極めて運のいい落ち着ける状況になります。で、メニュウにホッピーがあったので、とにかく注文すると、ホッピー、氷の入ったタンブラー、焼酎の3点セットで出てきました。焼酎はかなりの量があって、タンブラーの最大目盛り、濃い目で3杯いける量でした。これだけいただいておけば、かなり酔えること請け合いです。マルハの魚肉ソーセージやつまみっぽい菓子などいただいて、ゆっくり飲むことにしました。古びた木の風合いに抱かれる店内には、ベイスターズの選手や女子プロレスラーのサインが多く飾られています。会計は最後にまとめて680円、ありがたい価格であります。
 すっかり酒が回っているので、冷たい外気で酔いを覚ましつつ、仲木戸駅方面へと移動し、2軒目は「じゆうな丘」になります。この立ち飲み屋さん、平日と土曜日では全く雰囲気が変わります。今日土曜日は、賑やかな通勤帰りのサラリイマン集団がおらず、ひとりふたりのお客ばかりで、みなさん比較的静かに飲んでいます。スタッフも少なくなり、矢継ぎ早の注文をバリバリ受けてくれる平日と違い、緩い感じが漂います。そこがまたいいわけで、今日はバイスサワー税込み324円を飲み続けました。タラポン酢税抜き380円を注文してみると、これがなかなか本格的なタラチリでした。緩いけれど、いい意味で油断のならない店であります。ということで、バイスはもう2杯もらっておきましょう。
 

[PR]
by hoppys | 2018-01-13 23:59 | 東神奈川でハッスル | Comments(0)