人気ブログランキング |

びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー

<   2018年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

年末に大口でハシゴ酒

a0038663_15184856.jpg

 大口通商店街の「石川屋酒店」で角打ちとなります。年も押し詰まってまいりましたが、いつものおじさんたちが飲んでいらっしゃいます。生ビールを飲み始めましたが、あまりに寒いんで温やっこももらってなんとか温まりました。
 続いて、七島町の「美加登屋酒店」へ向かい、引き続き飲み続けることにしましょう。こちらは、常連さんがママさんのいる入口近くで飲む習慣なので、奥の暖かいところで、氷結レモンのロング缶をいただきました。
 3軒目は大口1番街の「養老乃瀧」子安店になります。年内は本日までの営業だそうです。芋焼酎のボトルは、先日から「一刻者」に替わっております。お通しは中華クラゲでした。お湯割りで飲みつつ、アジ刺しは言うに及ばず、湯豆腐、めかぶといただきました。年末っぽいんだかそうでもないんだか、微妙な感じのうちに、大口で酒ばかりが進んでいきます。


by hoppys | 2018-12-29 23:59 | 大口でハッスル | Comments(0)

やりきる2018年

a0038663_11464374.jpg

 年末の野毛にやってきました。都橋商店街へと直行して、まずは2階の「ホッピー仙人」となります。いい感じの混み具合となっておりまして、ホッピーを立ち飲みとなります。年末とあって、馴染みの顔が揃いました。今夜は既に若干酒が入っているうえ、先があるので2杯で終了しました。
 階下の立ち飲み「○豊」へ移動します。トマト割をもらいますと、店のトマトジュースがこれでなくなったんで、次はレモンハイにしました。酸っぱいです。新年は3日からの営業、おせちが楽しみです。
 宮川橋から福富町へと進撃すると、2度3度4度と、お兄さん飲みはー?と声をかけられますが、いやおれには待ってる人がいるからと言って切り抜けた先は、もちろん「みんなのいばしょ」であります。こちらではキンミヤソーダ2杯、店の忘年会はありますが、いよいよこれで終了となりました。


by hoppys | 2018-12-28 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

2018年杉田のシメ

a0038663_22171243.jpg

 2018年もいよいよ押し詰まってまいりましたが、今なお杉田で飲んでおり今夜は今夜は「和来」であります。カウンター席でホッピーを注文、お通しはひじきでした。牛すじ煮込みは汗をかく辛さであります。さらに、鶏はらみ炭火焼、ナカの後、トマト割、塩ゆで落花生といただきました。カウンターで頑張っていた、ひとり飲みの先輩たちがみな引き揚げてしまったので、おれも移動することにしました。
 で、2軒目は、いうまでもなく「愛知屋酒店」となります。またもシチリア産レモンの氷結に、メンマ、6Pチーズをもらいました。店内には、自販機荒らしの逮捕に協力したという、店長への表彰状がありました。素晴らしい、おれも一度くらい、このように他人に褒めていただきたいものです。しかしまあ、それよりまず、他人から注意されないほうが先決といえましょう。そんなおれですが、年末なんで特別に「剣菱」をいただきましょう。美味いけど酩酊し過ぎないよう、厳重警戒です。

by hoppys | 2018-12-26 23:59 | 杉田でハッスル | Comments(0)

ホッピーなクリスマス

a0038663_14121078.jpg

 1軒目から上大岡「じぃえんとるまん」へやってきました。一見して混雑していますが、なんとかなるだろうと躊躇なく突入です。ホッピーとまぐろを注文するうち、帰っていくお客さんもいて、無事空きスペースが見つかりました。マカロニサラダ、ちょっと時間かかりますが人気のアジフライ100円ももらい、ナカの後は酎ハイであります。みんなどしどし飲んで、さっと片づけて、とっとと出ていくからさすがです。
 それじゃあ、おれもこのくらいにして、次は黄金町「えき館酒場」へ参りましょう。たいてい黒ビール飲んでますが、今日は余力もあるんで、黒ホッピーに致しました。焼酎多いのはかねて承知であります。それに赤ウィンナーで、色彩感をもって飲み続けることになります。全員ひとり客、おぢさんがホッピーを飲んでる姿は、実に絵になります。まあ、そんな居心地のいいところでクリスマスを楽しみつつ、ここでもまたナカを貰っておきました。


by hoppys | 2018-12-25 23:59 | 上大岡でハッスル | Comments(0)

野毛ですぽんと餃子を

a0038663_21152294.jpg

 クリスマス間近、休日前の野毛にやってきました。ちょっと前は、この季節に忘年会以外で野毛を訪れる者などまるでいなかったわけですが、時代が変わりました。よいことでしょう。それでも、野毛小路「翠葉弐千」に空席が確認されたので、すかさず突入しました。ホッピーに餃子、青菜炒め、鶏肉とカシューナッツ炒めと、相次いで手早く注文します。キンミヤのホッピーは美味いやつなんで、このまま居座ってしまおうという策略なのでした。ナカのあと、キンミヤソーダは1杯2杯3杯4杯と順調に進むことになります。飲み過ぎです。
 続いて、野毛小路を進み「tacobe」へやってきました。こちらにも幸い、カウンターに空席があったので、無事飲み続けることができます。だいぶ飲んでるにもかかわらず、さらに角ハイボールを2杯、無理のないだろう範囲内でもってじわりじわりと飲んでおりますが、免罪符の年末ということで、少々酔いが進んでもさすがにここは仕方ないといっていいでしょう。


by hoppys | 2018-12-23 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

年末の大口で飲み歩き

a0038663_23191036.jpg

 大口あけぼの通り商店街の中華料理「寺尾屋」にやってきました。まだ16時過ぎで、いわば昼飲みなのですが、陽は短く、しかも雨模様とあってそんな雰囲気はまるでありません。この店は、3席のカウンターが2方向にあり、一人で飲むのにも向いています。生ビール中ジョッキは、一番搾りが380円、さらに名物大口餃子、メンマといただきました。つまみはどっちも150円、安さからして税抜の値段とは思いますが、それでもありがたい価格です。生ビールはもう1杯追加になりました。
 続いて、大口通りから第2京浜を横断し、大口1番街へと入ります。「養老乃瀧」へ向かうかと思いきやその前を通過して、七島町の角打ち「美加登屋酒店」に到達しました。今夜も寒いですが皆さん飲んでいらっしゃいます。ビールは十分飲んだんで、氷結のグレープフルーツにしました。カウンターの下に忍ばせてあるおでんを今日はいただくことにしましょう。1品となればここはちくわぶとなります。それをきっかけに、東西のおでんについていろいろ喋ったり、あるいはアルコール9%の缶チューハイの危険性について力説したりもしつつ、次は氷結シチリアレモンに致しました。これはアルコール5%です。店は、元旦だけお休みで、年末年始のお客さんを迎えてくれるそうです。
 で、再び大口1番街に戻り、「養老乃瀧」子安店へと向かいました。今夜もご店主が迎えてくれます。こちらも負けじと、芋焼酎「黒霧島」をお湯割で飲み始めました。お通しはマグロ入りの煮物、当然アジ刺身から煎餅の流れになります。年末年始の営業日を訊き損なったので、今年は今日が最後かもわかりませんが、また来るかも知れません。

by hoppys | 2018-12-22 23:59 | 大口でハッスル | Comments(0)
a0038663_16322641.jpg

 若葉町の韓国料理立ち飲み「マンナ」にやってきました。まずはホッピーと言いたいところですが、ここのホッピーは、おれでも厳しく感じる焼酎量なんで、今日も生ビールに致します。キンキンに冷えたジョッキで出てきます。それに豚バラは欠かせません。ビールを飲みながら肉を喰っていると、周囲のお客さんたちがみんなバイスを飲んでいるのに気づきました。ならばと、おれも2杯目はバイスサワーに換えました。バイスの風味が薄くなる焼酎量、さすがは「マンナ」であります。ナカももらうことになり、これで1.200円だそうです。
 続いて、イセザキの「みんなのいばしょ」にやってきました。ここでホッピーを飲むことになります。それとなめたけおろしをもらいました。これはホッピーにも合います。店内のTVでは、年末らしくクイズ番組をやっていますが、酔っ払いの頭では、滅多に正解を出すことができません。ナカの後はキンミヤソーダとなりました。


by hoppys | 2018-12-20 23:58 | 長者町でハッスル | Comments(0)
a0038663_22484974.jpg

 東神奈川、コンフォートの立ち飲みやきとり「鳥清」で飲んでおります。ホッピー430円に、スピードメニュウっぽいキャベツ、それから、ねぎま、ぼんぢり、つくねなどもらいました。220円のナカは大量でしたが、なんとかここでおさめました。美味いのは言うまでもありませんが、サラリイマンのひとり客が多い、京浜工業地帯らしい雰囲気が良い店であります。
 続いて、2階の「じゆうな丘」で、引き続き立ち飲みとなります。今度はバイスサワーに致しました。バイスの瓶が気持ちよくジョッキに注がれます。今日はおでんがあるとのことで、この3種盛りをもらいました。オマケ付きです。バイスはもう1杯もらったんですが、寒くなってきたんで、黒糖焼酎「れんと」をお湯割りでもらうことにしました。周囲のお客さんたちは、氷入りの酒をこともなくガンガン飲んでいるので、おれだけ風邪をひいたんじゃなかろうかと不安に駆られつつもあったんですが、たぶんなんともありません。そんな流れで、れんとお湯割りはもう2杯いただくことになりました。「じゆうな丘」、新年は4日からの営業ですが、年末は31日まで頑張るそうであります。


by hoppys | 2018-12-19 23:59 | 東神奈川でハッスル | Comments(0)
a0038663_23143580.jpg

 杉田の立ち飲み「よしべぇ」で飲むことになります。なかなか混みあっていますが、奥の壁側のカウンターを確保できました。毎度のホッピーに、切り干し大根サラダ、串焼きは、ねぎま、やげん、ささみわさび、ささみ梅、しいたけ、エリンギと注文しました。ささみはいつも、よく焼きでお願いしていますが、ふと気付けば、よく焼きコールしなけりゃ果たしてレアで出てくるのか、確認したことがありません。早くも出来上がっているお客さんがいるのも杉田らしいところです。賑やかな店内で、ナカさらにそば茶割と飲み続けました。ホッピーの後に爽やかなそば茶割がよく合うので、この流れも毎回変わらんものがあります。
 続いて、やっぱり「愛知屋酒店」に向かいました。冷蔵庫からカゴメトマトジュース190mlを取り出してカウンターに持ち込みました。トマトジュースを確認するや、すかさずご主人がジョッキに焼酎と氷を投入してくれます。トマトジュースは全量ジョッキに入りましたが、この濃厚なトマトジュース割で酒が濃く感じるのも珍しい話であります。恐ろしい事態ですが、気が付かないふりをして、6Pチーズ1P豆もやし、キムチなと毎回つまみましょう。この1杯で終わるのか微妙なところでしたが、キムチが辛かったため、氷結グレープフルーツの追加も余儀なくされました。もちろん、たくらみ通りであります。



by hoppys | 2018-12-17 23:59 | 杉田でハッスル | Comments(0)

進行中、師走の大口

a0038663_23124991.jpg

 神奈川区七島町の「美加登屋」で角打ちであります。店頭には、一応厚めのビニールで風除けとしてありますが、ほとんど開口しているので、寒さが応えます。にも関わらず、既に3時間は飲み続けているという先輩は、一番寒いはずのところで頑張っていらっしゃるから偉いものです。おれも負けじと、冷えたキリン「一番搾り」を飲み始めました。つまむのは、お気に入りの袋入り揚げピーナッツになります。カウンターの向こうには、可憐な花のほか、KQはじめとする鉄道や船の写真が並んでいて、おれ自身も明日は撮影に行ってみたい衝動に駆られるのですが、こんな調子で酒を飲むと、毎度毎度きれいに忘れてしまうから困ったものです。
 さあ、次は大口1番街の「養老乃瀧」子安店で決まりでしょう。若干残っていた「赤霧島」のボトルをいただき、さらにアジ刺し、もちチーズ焼きと注文しました。店長が薦める先にアジ刺しをコールしてしまいました。お通しは煮物でした。今日は寒いんでお湯割で飲み続けます。自ら作るお湯割りは、温かさ重視か焼酎濃度重視かで非常に迷うところですが、これをいい塩梅で作り続けました。アジ刺しは今日も見事煎餅となり、新しいボトルは黒霧島であります。

by hoppys | 2018-12-15 23:59 | 大口でハッスル | Comments(0)