人気ブログランキング |

びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2019年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ぴおシティで飲むならば

a0038663_22483401.jpg

 ぴおシティ地下の中華立ち飲み「風来坊」へ向かうことにしました。あの活気ある店で、中華喰いながら飲めるかと思うと、自然に歩調が早まります。立ち飲みのテーブルはテープで4区画に分けられており、ここにひとり客が4人収容できることになります。今夜もすぐさまホッピーをいただきました。メニュウも多いので、迷うところですが、今日は、蒸し鶏、梅くらげ、肉団子甘酢さらに野菜炒めといったラインナップにしました。梅くらげなんかは、どの酒にも合うし、ゆっくりつまむのに最適です。ホッピーは氷入りますがジョッキ大きめ、ナカをもらったあと、酎ハイとなりました。
 雨の降る地上に戻り、野毛小路の立ち飲み「よりみち」へとやってきました。昔はいませんでしたが、今は隣の有名店の空席待ちで飲んでる人もいるようです。ま、おれはいつものとおりウメサワーと韓国のりをもらって飲み始めました。ウメサワー、店によって甘いやつから酸っぱいやつまであって、どれも美味いのですが、おれ自身はここのやつが一番好みです。しかしもう1杯飲んだら寒くなってきたので、3杯目は、冬季限定のこぶ茶割りにしました。これで温まったところで、野毛から脱出を図ろうという寸法であります。

by hoppys | 2019-02-27 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)
a0038663_22210686.jpg

 井土ヶ谷駅近く、環状1号線沿いの「ニューイドガヤ」にやってきました。カウンターの奥にお邪魔し、ホッピーを飲み始めました。空腹だったんで、魅力的なメニュウから、350円の豚生姜焼、200円の揚げもち、冷ややっこと続けていただきました。さらにナカ、酎ハイそれにひじきなんかももらいました。小気味いいつまみが勢揃い、これで2千円で釣りが来るなんて、どうしてこんな店ができるんだろうと思ってしまいます。帰る際には、常連さんたちが会釈で送ってくれました。
 続いて、同じ井土ヶ谷の「太すけ」にやってきました。キャベツ塩もみこんぶをもらって、またホッピーを飲み始めました。すっかり寄り付いていて今さら何ですが、ここも、立ち呑みとあるけど椅子がある、そばうどんがあるのに大抵のお客さんはひたすら濃いめの酒を飲んでる、しかしまた来てしまうと言った具合で、なかなか真似しようってもできない、いささか変わった味わいのある店ではあります。そんなわけで、ナカも2回もらってしまいました。

by hoppys | 2019-02-25 23:59 | 井土ヶ谷でハッスル | Comments(0)
a0038663_22222413.jpg

 伊勢佐木町の「和来」で飲み始めることにします。盛況のカウンター席で、ホッピーをもらいました。さらに、まぐろ山かけ、焼そらまめであります。おでんもやっているのですが、あまり出ないようです。ナカの後は酎ハイ、それに里芋煮をもらうことにしました。これは、里芋の他にちくわ人参レンコン菜の花タケノコ鶏肉ごぼうが入り、ごった煮となっていて、かなり満足の一品でありました。
 続いて、今週も立ち飲み「みんなのいばしょ」へとやってきました。またホッピーをもらい、ねぎとろをつまみつつ、ナカ、ホッピーセット、ナカと飲み続け、さらにキンミヤソーダも2杯となっております。金曜とはいえ、明らかに飲み過ぎと言えましょう。




by hoppys | 2019-02-22 23:59 | 伊勢佐木でハッスル | Comments(0)
a0038663_13034105.jpg

 野毛の「お田幸」にやってきました。ビールはキリン一番搾りの大瓶であります。まずは、もつ煮込みをいただきます。店の雰囲気同様、尖ってない優しい味に仕上がっていました。そして、いよいよおでん、大根、はんぺん、ちくわぶ、竹輪あたりを選びました。この後は芋焼酎の水割り、濃くてたっぷりです。奥の座敷では宴会をやっていますが、節度のある年輩の方たちで、にぎやかながらも節度がありました。そんな光景も含め懐かしさを感じる店内は居心地よく、これを3杯と、飲み続けることになりました。
 続いて、都橋商店街の立ち飲み「○豊」であります。今夜は満員の盛況ぶりで、入れないお客さんが出るくらいです。こちらではトマトハイを2杯いただきました。先ほどの大根と合わせ、不足気味の野菜もこれで十分といえましょう。
 それならもう一軒ということで、立ち飲み「桐のや水産」へ参りました。おや今日は顔が赤くないですが1軒目ですか、と訊かれましたが、そうじゃありません。3軒めです。それでもホッピーを飲んじまいます。つまみも特に貰わないまま、ナカも追加となりました。

by hoppys | 2019-02-20 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)
a0038663_22320813.jpg

 上大岡「いづ屋」にやってきました。カウンター席に落ち着き、ホワイトボードメニュウを見ると、金目鯛カブト煮があります。これはいただくしかありません。生ビールに串焼きをもらって待っていると、いよいよ到着しました。いかつい顔が2つ、どこまで喰っていいものか、いささか不安なところもありますが、とにかくいただいていきましょう。たれも相まって、期待通りの美味であります。普段なら、2杯目から酎ハイセトに切り替えて自ら調合するところですが、今日は金目鯛と格闘中のため、2杯も生ビールにしました。カブト煮は何とか片付け、大根サラダをつまみに、生ビールは3杯目となりました。
 続いて、「じぃえんとるまん」へ移動となります。今夜も、手早くホッピーにマグロぶつを注文、ざっくり切ってある大ぶりなマグロぶつを楽しみつつ、ナカへと移行していきました。

by hoppys | 2019-02-18 23:59 | 上大岡でハッスル | Comments(0)

今宵は大口をひとまわり

a0038663_21185252.jpg

 今夜は大口であります。まずは大口通商店街の角打ち「石川屋酒店」で生ビールをもらいました。今年1回目ご無沙汰でしたが、常連さんたちも絶好調で、若干毒舌な楽しい掛け合いが続きました。

 続いて、七島町まで進出し「美加登屋酒店」となります。あまり酔っ払わないよう、アルコール5パーセントを確認して氷結のウメ、それに好物の揚げ塩ピーナッツをいただきました。こちらはいささか落ち着いた感じで、店によって常連さんの雰囲気が若干違うのも楽しいところであります。

 で、最終的には大口1番街の「養老乃瀧」子安店となります。今夜は、アジ刺しに加えお薦めいただいたやりいか刺、さらに湯豆腐あたりから始めました。お通しは松前漬けであります。酒のほうは、黒霧島を順調にいただいていきます。途中、路駐取締のため、神奈川警察が静かな商店街に乱入する一幕もありましたが、黒霧島を飲み進むうち、卵やき、もちチーズ焼なんかもいただいております。


by hoppys | 2019-02-16 23:59 | 大口でハッスル | Comments(0)
a0038663_16410670.jpg

 曙町に立ち飲み「ドラム缶」伊勢佐木町店がオープンしました。東京では人気の店で、なにやら絶賛している人もいたので、こちらもそれなりの気合をもって来店しました。大混雑必至かと思ったら、ほかにお客さんはひとり、スタッフも若いバイトかと思ったら、それなりの年齢のかたがにこやかかつ親切に出迎えてくれました。いい意味で拍子抜けしました。店内は、店名のとおりドラム缶が並び、フックがあって荷物を掛けられるようになっています。カウンター等はありません。この店舗は、どこの場所でも内装の改造に金はかけないと聞いたことがあります。壁一面に貼ってあるメニュウを見れば、確かに300円以内、特に酒類が300円というのは、東京の繁華街じゃあ驚異の価格となるでしょう。もっとも「生」は生ビールとは似て非なるもののようです。300円のホッピーセットに、キムチメンマ、白身フライをもらいました。つまみのほうは、質量ともに値段相応です。ナカも100円でもらえます。居心地は悪くありません。駄洒落が溢れているメニュウ、次回来ることがあれば、ぜひアナコンダバイスをコールしたいと思いました。
 続いて、「マンナ」へやってきます。カウンターのお客さんはみなホッピーを飲んでますが、ここでホッピーやハイボールを喰らうと先に進めなくなるので、生ビールにしました。キンキンに冷えています。それに豚バラをもらいました。生ビールは500円ですが、美味いキムチもたっぷり添えられた豚バラが300円でいただけるあたり、この界隈の厳しさがあります。生ビールはもう1杯もらいました。
 さらに「みんなのいばしょ」へ移動して飲み続けます。またホッピーであります。230円のあさり昆布をつまみつつ、ナカ、さらにキンミヤソーダに切り替えまして、これを1杯2杯3杯、何時間立ち飲みを続けるんだっつう状況となってまいりました。 

by hoppys | 2019-02-15 23:59 | 伊勢佐木でハッスル | Comments(0)

今夜は「秋葉」

a0038663_12185128.jpg

 どういうわけか、今夜も新子安に現れました。東海道線の線路の西側へと向かいます。大衆酒場とある暖簾をくぐって、「秋葉」へお邪魔しました。ちょうどいい広さの店内、テーブル席のみですが、ほぼひとり席もありました。入り口近くにあるキリンビールのケースが子安らしいところです。壁にずらりと並ぶメニュウの短冊に、なにをいただこうかとわくわくさせられます。酒のほうは相変わらずホッピー、税抜370円でサワー類と同じ価格であります。協和焼酎のタンブラーで出てきました。数あるメニュウの中から、マグロ中おち、豚キムチ、大根サラダをもらいました。オムライス、ナポリタン、チャーハンなど満腹メニュウも豊富なので次回は試そうと決意しました。ナカをもらったあと、チューハイを飲みながらメニュウを見ると、それとは別に「焼酎ハイボール」があります。どこが違うのかと注文してみると、こっちはタカラ焼酎でした。飲み比べると、こちらには若干味がついています。どちらも溢れんばかりでありました。

by hoppys | 2019-02-14 23:59 | 子安でハッスル | Comments(0)
a0038663_22475060.jpg

 新子安「諸星酒場」になります。なかなかの混み具合でありますが、長大なカウンターの壁寄りで飲み始めることになりました。今夜は1杯目から金宮お湯割り梅干し入りとなります。お通しはメンマ、さらにいわしのさしみ、冷やっこをいただきました。金宮お湯割り梅干し入りは早めに2杯目となります。噂の諸星Tシャツ姿の外国人のお客さん3人、この気候で寒くないのかあと心配しつつ酒が進みます。金宮お湯割り梅干し入りに続いては、バイスそして初挑戦の串かつとなりました。大振りなやつが1本であります。それにしても、お湯割りもバイスも、甲類焼酎がびんびんとくる店ですなあ。
 さあ、続いて野毛に繰り出しましょう。桜木町駅から野毛小路「tacobe」へとやってきます。若いお客さんが多く訪れますが、ここは、マスターママと積もる話をさせていただくのが常連の妙というものです。おかげで、生ビール3杯となりましたが、特に差支えはありません。
 3軒目は、宮川町の立ち飲み「桐のや水産」で、500円の兼八をいただくことにしましょう。安価過ぎて申し訳ありません。            

by hoppys | 2019-02-13 22:59 | 子安でハッスル | Comments(0)
a0038663_22511241.jpg

 東神奈川の立ち飲み「じゆうな丘」へまたやってきました。一昨日の忘れ物を取りに来たという一面がありつつも、訪れたからにはとにかく飲んじまうことで間違いありません。まずは生ビールをもらいましたが、キンキンに冷えていて、特に冷え込む今夜は、店内奥のほうにいても寒くなってまいります。2杯目からはバイスに切り替えました。ハムエッグにマグロ納豆、さらにじゃがバターといただきました。バイスをもう1杯もらってから、麦焼酎「和ら麦」をシングルながら水少な目でもらいました。今夜の「じゆうな丘」、時計の針は19時を回りましたが、見事にひとり客ばっかりであります。
 横浜駅の相鉄口で降り、混雑の五番街を抜けてムービル1階の立ち飲み「ちょい飲み亭」へと向かいます。週末の金曜日、当然どこも混み合って混雑していますが、ここまで来ると、多少空きカウンターがありました。ここではホッピーをもらいました。でかめのプレミアムモルツのジョッキに、焼酎多目のホッピーでセット350円、ナカ200円は確かに安いかも知れません。つまみは、カウンター横にあった、ゆで卵入りメンマにしてみました。どっちがメインかわからない料理であります。で、ナカまでもらって終了することになりました。

by hoppys | 2019-02-08 23:59 | 東神奈川でハッスル | Comments(0)