びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

タグ:バイス ( 11 ) タグの人気記事

東神奈川でタテ飲み

a0038663_22390831.jpg
 東神奈川の立ち飲み「じゆうな丘」にやってきました。入口の自動ドアの具合が今ひとつなので、手動でこじ開けて入ります。生ビールをもらい、すずき昆布〆め、たこ刺さらに豚肩ロース焼肉と、壁のメニュウから思うままに注文させてもらいます。平日に比べ、土曜日は大抵お客も少なく、まったりしていたのに、なぜか今夜は盛況となってまいりまして、マスターがひとりで大忙しであります。調子の悪いドアは、おれが中から開けることになります。生ビールはアサヒでしたが、中瓶でキリン「横浜づくり」があったので、2杯目はこれをいただきました。さらにフライドポテトをつまみながらバイスを2杯であります。
 さて、このあたりでもう少し飲みたいと、リーデンスフォートの1階に降りてみると、奥のほうに居酒屋「あづまや」を発見しました。カウンター主体で4人テーブルと2人テーブルがひとつずつ、マスター、ママさんのふたりでやっているようで、カラオケもあって、メニュウも含め、非常にアットホームな感じの店でありました。麦焼酎の水割りをいただくことにします。お通しは大き目の茄子漬、さらに、焼きそら豆とお新香をもらって麦焼酎2杯目、東神奈川の夜も更けてまいりました。

[PR]
by hoppys | 2018-04-21 23:58 | 東神奈川でハッスル | Comments(0)

お楽しみは二度くる

a0038663_22282858.jpg

 井土ヶ谷の「太すけ」にやってきました。カウンターでいつものようにホッピーをもらいます。さらに、とりつくねやメンチカツももらって、とりあえず空腹を満たすことにしました。常連さんたちの話に、若干絡みつつ、ゆっくりとホッピーをいただきました。最初からそうでしたが、ナカをもらうと、安定してたっぷり焼酎が入っています。100円増しで「焼酎こいめ」もあるのに、通常でもう1杯ナカいける量です。3杯目はこれまた焼酎多めのバイス、キャベツ塩もみこんぶもういただきました。
 続いて、イセザキの立ち飲み「みんなのいばしょ」へ登場です。またホッピーを飲み始めました。店内のTVでクイズ番組を眺め、一応考えたりしておるのですが、こういう番組見て、酒飲みの頭はよくなるのでしょうか。たぶんならないと思いますが、ナカ、さらにバイスと、今日はこのサイクルをふた回り致しました。

[PR]
by hoppys | 2018-04-20 23:59 | 井土ヶ谷でハッスル | Comments(0)

はじまりは「諸星酒場」

a0038663_22561163.jpg

 新子安の「諸星酒場」にやってきました。今夜は気合いを入れて早めに到着しましたが、あまり混み合ってもおらず、カウンターの中ほど8番の位置で飲み始めることになります。ホッピーを飲むことにして、これに合うつまみということで、もつのにこみにあじのさしみをいただきました。今日はナカをもらうことなく、2杯目はハイ辛サワーに致しました。これは、ハイ辛にキンミヤ焼酎が入ったものですが、どうもほかの酒に比べて酔っ払うような気がします。そんなわけで、3杯目はバイスに切り替え、今夜は若干涼しいので、温めとうふをもらいました。
 さて、本日はいまだ気合いが入っておりまして、新子安からKQでなく京浜東北線に飛び乗り、桜木町駅へと向かいました。飛び乗ったというのは物のたとえで、実際は余裕をもって乗り込んでおるのですが、桜木町駅で降りつつ、ずんずん都橋商店街まで進撃、運よく1席空いていた「野毛ハイボール」に入店であります。店には、お世話になってる店のママさんがいたり、このあたりを研究しているという学生さんがいたりで、なんやかんやと盛り上がっているうち、ここの旨いハイボールを3杯喰らってしまいました。
 「野毛ハイボール」のハルさんに勧められるまま、残り時間僅かの「ホッピー仙人」へと移動しました。こんな夜に限って、こちらにもなじみの顔が揃い、短時間ながらホッピーをもらって愉快に盛り上がります。
 だいぶ遅い時間とはなってきましたが、古くからの飲み仲間とバー「アポロ」へ行くことになり、曙町へと直行しました。カウンター席で、マスターの作るハイボールをいただき、ジュークボックスで「時間よとまれ」をリクエストしました。ここへ来たときは毎回この曲、アナログの柔らかい音が、懐かしいハイボールとよく合います。

[PR]
by hoppys | 2018-04-16 23:59 | 子安でハッスル | Comments(0)

「三国屋」を再訪

a0038663_23013598.jpg
 
 再び、「三国屋」を訪れました。東神奈川駅のほうから歩いてきたのですが、僅かながら、東横線反町駅のほうが近いかも知れません。カウンターにはもれなく椅子があり、注文も取ってくれます。キリンラガーの中瓶をいただき、メニュウを眺めてみると、「魚屋さんおすすめ、まぐろぶつ500円」なんてのがありまして、このあたりも、完全に角打ちの域を凌駕しております。今日は常連の方がお三方いらっしゃって、微妙に打ち解けた会話が繰り広げられていました。常連の先輩がたの面白話を拝聴するのは、角打ちの醍醐味ではありますが、いつのまにか、おれ自身も参加しております。野毛の店の話なんかも出ましたが、「なんでわざわざこの店まで来たんだい?」などと訊かれると、若干返答に困ったりします。まぐろぶつは美味しくいただきましたが、塩焼きの骨や食べ残しなどは、ねこの常連におすそ分けされるシステムになっているようです。
 2軒目は、東海道線の線路を越え、立ち飲み「じゆうな丘」に乗り込みました。例によって、マスターとバイト店員の2人で、緩めの営業となっているようです。ホッピーにすると飲み過ぎてしまうのでやめまして、バイス、青リンゴサワーさらに酎ハイと、結局は飲み過ぎております。サバ味噌やトマトサラダももらい、立飲みながらゆったりした時間が過ぎていきます。


[PR]
by hoppys | 2018-03-10 23:59 | 東神奈川でハッスル | Comments(0)
a0038663_22445653.jpg

 杉田の「よしべぇ」にやってきました。ホッピーに串焼きはいつものとおり、欠かせないところです。連日人気の立ち飲みですが、週末とあってさらに盛況のようであります。と言っても、それほど窮屈というわけでもなく、楽しい酒場気分を満喫しつつ、ナカ、そば茶割と続けていただきました。
 2軒目は「愛知屋酒店」となりました。まずはバイスサワー、ご主人がたっぷり焼酎を入れてくれるので、気分良くなること請け合いのシロモノですが、週末のノリでヨシとしましょう。しかし、問題は、次に冷蔵庫から持ってきた、アサヒの「もぎたてグレープフルーツ」というやつでありまして、アルコール9%となっております。350mlの缶でもしっかり酔っ払うのだから、よしておけばいいのに、なぜか選んでしまいました。3杯目はアルコール4%の、優しい湘南ゴールドサワーとしておきましたが、時すでに遅しであります。
 しかし、今日は週末なのでもう1軒、「X-Ray」に寄ってみましょう。京急杉田駅東口から、屛風浦方面に進んだところにあるショットバーであります。カウンターで、ジントニックなんぞいただくうち、杉田の夜は酩酊へと進んでいくことになるのでした。

[PR]
by hoppys | 2018-03-02 23:59 | 杉田でハッスル | Comments(0)

立ち呑み本舗なか川へ

a0038663_13561347.jpg

 上大岡の立ち飲み「なか川」で飲み始めることになりました。最近、なんとなく店内で落ち着く場所が決まってきました。ホッピージョッキで出てくるホッピーに、串焼き、まぐろのしぐれ煮、マカロニサラダなんかをもらいました。串焼きは、手元のメモに本数や味付けを記入して注文します。この後2軒行くぞと怪気炎を上げるお客さんを見送り、ナカをもらった後にはバイスであります。
 2軒目は「じぃえんとるまん」、一昨日の杉田店に続いて、中核たる上大岡本店への登場となります。表からでもわかる、いつもながらの大混雑大盛況ではありますが、入口左手のひとり用スペースが空いているのを確認しての入店となります。こちらでも相変わらずホッピーを注文、ひじき煮とかつまみながら、タイミングを見てナカをいただきました。ようしおれももう1軒くらいと思ったのですが、焼酎が蓄積したのか、この段階で早くもふらついております。

[PR]
by hoppys | 2018-01-31 23:59 | 上大岡でハッスル | Comments(0)
a0038663_23052146.jpg

 鶴見の立ち飲み「風」にやってきました。鶴見銀座裏の歓楽街を抜けた第一京浜沿いにあります。厚手の透明ビニールシートの中に入りますと、辛うじてカウンターがあります。外はひどく冷えますが、このシート、野毛小路の「よりみち」で体験している通り、意外に断熱効果がありまして、中でおでんをぐつぐつやっているせいもあり、思ったより快適であります。しかし、このような状況でも、反射的に冷たいホッピーをコールしてしまう癖はなんとかしないといけません。そのホッピーは380円、ひと品100円のおでんをいただいて温まることにしましょう。他にもつまみのメニュウがあり、さらにそばうどんもいただけるようです。ビニールシートのおかげで、一応店内にいる感じですが、足元を見ると表との境目がありません。後ろは天下の第一京浜、なんとも不可思議な空間となっております。とはいえ、おでんのだしが美味くて、200円のナカと併せて追加注文させてもらいました。
 続いて、東口駅前ロータリー沿いにある立ち飲み「とんちゃん」にやってきました。相変わらずの混雑ぶりでありまして、みなさんビール腹を引っ込め、狭いスペースに収まり、譲り合って飲み喰いしております。この賑わいでは、店内寒さとは無縁となります。おれ自身も、カウンターの角でバイスを飲み始めました。メニュウ上では、ホッピーと同じカテゴリになっていて、セットとナカを注文できるようですが、量が微妙な感じだったので、継ぎ足して飲んでしまいました。味噌キャベツや串焼きを喰いながら、バイスをもう1杯もらうと、これでバイスの在庫終了、そのあとはトマトハイに切り替えて1杯2杯3杯と飲み続けるのでした。

[PR]
by hoppys | 2018-01-26 23:59 | 鶴見でハッスル | Comments(0)

これが「三国屋」か

a0038663_23225762.jpg


 神奈川区の東横線近く、広台太田町にある「三国屋酒店」にやってきました。もっとも、東横線は地下に潜ってしまっているので、走行する電車は見えません。既に陽が落ちていましたが、暗い路地にぽつんと灯る照明が、酒飲みを導いてくれます。表にはビールケースが積まれていてどう見ても酒屋さんですが、店内のカウンターテーブルにはすっかり椅子が並んでおりまして、普通に居酒屋のようであります。酒や料理のメニュウもありました。その一方、冷蔵庫にある瓶ビールや缶酎ハイも飲むことができ、テーブルには菓子類も用意してあるので、やっぱり角打ちの楽しさを味わうことができました。しかも、ちょうど常連さんがひとりいらっしゃるだけという、極めて運のいい落ち着ける状況になります。で、メニュウにホッピーがあったので、とにかく注文すると、ホッピー、氷の入ったタンブラー、焼酎の3点セットで出てきました。焼酎はかなりの量があって、タンブラーの最大目盛り、濃い目で3杯いける量でした。これだけいただいておけば、かなり酔えること請け合いです。マルハの魚肉ソーセージやつまみっぽい菓子などいただいて、ゆっくり飲むことにしました。古びた木の風合いに抱かれる店内には、ベイスターズの選手や女子プロレスラーのサインが多く飾られています。会計は最後にまとめて680円、ありがたい価格であります。
 すっかり酒が回っているので、冷たい外気で酔いを覚ましつつ、仲木戸駅方面へと移動し、2軒目は「じゆうな丘」になります。この立ち飲み屋さん、平日と土曜日では全く雰囲気が変わります。今日土曜日は、賑やかな通勤帰りのサラリイマン集団がおらず、ひとりふたりのお客ばかりで、みなさん比較的静かに飲んでいます。スタッフも少なくなり、矢継ぎ早の注文をバリバリ受けてくれる平日と違い、緩い感じが漂います。そこがまたいいわけで、今日はバイスサワー税込み324円を飲み続けました。タラポン酢税抜き380円を注文してみると、これがなかなか本格的なタラチリでした。緩いけれど、いい意味で油断のならない店であります。ということで、バイスはもう2杯もらっておきましょう。
 

[PR]
by hoppys | 2018-01-13 23:59 | 東神奈川でハッスル | Comments(0)

宴会谷間の関内

a0038663_16342282.jpg

 関内、ベイスターズ通りの「福の軒」で飲み始めました。カウンター席で、生ビール、串焼き、それに赤カブ漬けを注文しました。赤カブ漬けは好物でありまして、ビールにも焼酎にも合うのがよいところです。この店の若者たち、元気があって、いつも気持ちよく過ごすことができます。もう1杯、生ビールをいただいてから、3杯目はチューハイに致しました。
 続いて、桜通りの立ち飲み「ななや」に移動しました。串焼きをそこそこ喰ったので、こちらでは魚肉ソーセージ1本で、あとは飲み続けます。ホッピーをセットでもらいましたが、キンミヤシャリキンがあったことに気づき、ナカはシャリキンでもらいました。店内のTVでは「さんま御殿」をやっていて、番組をきっかけに常連らしいおぢさんたちと、なんやかんやと喋りながらの酒となりました。次は今日もバイスとなりましたが、これにもシャリキンを投入していきましょう。

[PR]
by hoppys | 2017-12-12 23:59 | 関内でハッスル | Comments(0)

そろそろ新年の覚悟を

a0038663_23254845.jpg

 井土ヶ谷の「太すけ」に、初代ウルトラマンのフィギュアに迎えられての来店であります。今夜は風が強くてびゅうびゅう吹きまくっております。カウンターの隅に落ち着いてホッピー、いつものとおりだいぶ焼酎が入っているわけですが、これに肉もやし炒めやマグロ納豆、キャベツ塩こんぶといった面々を合わせていただきます。引き続きナカ、さらにバイスと飲み続けました。正月も2日、早い時間から営業するとのことでありまして、常連さん含めかなりの張り切りようであることが窺えました。若干の怖いもの見たさもあって、覗いてみようかと思ったり思わなかったり、ここは思案のしどころであります。
 都合3杯でも、十分焼酎が補給されたので、次の店は黄金町「えき缶酒場」となりました。現在「福田農場の九州果実シロップシリーズ」使用のサワー類の制圧にかかっているところでありまして、今日はボンタンサワー、タンカンサワーと、相次いで鹿児島のやつを飲んでみました。両者とも柑橘系の甘いやつであります。 

[PR]
by hoppys | 2017-12-11 23:59 | 井土ヶ谷でハッスル | Comments(0)