人気ブログランキング |

びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

タグ:井土ヶ谷 ( 3 ) タグの人気記事

時代を超えるホッピー

a0038663_00460512.jpg

 金沢文庫駅近くの居酒屋「鳥千代」にやってきました。内装と言い、壁いっぱいの短冊メニュウといい、マスターのもみ上げと言い、昭和の空気が充満した酒場であります。店内に流れる音楽も当然、昭和歌謡となっています。酒は、古いんだか新しいんだか微妙なシャリキンホッピー、オリジナルな味付けの中華ヤッコ、山かけ、それに枝豆あたりをいただきました。2杯目は通常のホッピー、氷入りで若干焼酎多めであります。
 多少雨が降る中を、KQに乗って井土ヶ谷駅に移動、いつもの「太すけ」に現れました。バイスから始めまして、ナカをもらい、さらにチューハイに切り替えました。キャベツ塩もみこんぶをつまみつつ、チューハイはさらに2杯となりました。明らかに飲み過ぎであります。

by hoppys | 2018-05-30 23:59 | 金沢文庫でハッスル | Comments(0)

気分のいい朝飲み

a0038663_2215542.jpg

 休みの土曜日をいいことに、午前10時に「じぃえんとるまん」上大岡店に集合して飲み始めました。「ホッピー仙人」の仙人がもうすぐ誕生日というのが今日の名目であります。朝なので、1杯目はさわやかな風の紫蘇サワーにしてみました。紫蘇の葉2枚に、唐辛子の粒も入って、金魚に近い飲み物でありました。紫蘇が効いていて、注文通り朝にはぴったりです。朝の「じぃえんとるまん」、すぐに賑わってきまして、皆さん早起きですなあ。2杯目は男梅サワー、ソルティドッグさながらグラスの縁に塩をまぶしてもらうことができます。3杯目は互いに面倒なので、そのままのグラスでもう1杯いただきました。
 12時到着を目指して、井土ヶ谷駅前の中華料理「チャイナ飯店」に移動しました。8人の予約で、奥の1区画を使わせてもらうことになりました。少々声が大きくなってもこれなら安心です。そんなわけで、ホッピーを飲み始めます。この店は、料理がどれもでか盛りで出てきまして、こちら大人数なのでちょうどいいのですが、少人数の時は満腹になりそうです。ナカを貰い、さらにウメサワーを追加しました。
 いい加減出来上がっていますが、そのまま環状1号線を進んで駅の東側の角打ち「森屋本店」にやってきました。ご常連さんの了承をいただいて、ぞろぞろ入店しました。ご迷惑おかけします。こちらではレモンサワーを1杯、壁には高校野球のトーナメント表が張ってあるのも角打ちっぽくていい感じです。
 「森屋本店」を出て、とりあえず井土ヶ谷駅からKQに乗った一行でしたが、すぐさま南太田駅で下車、駅前の「ころりん亭」にやってきました。時刻はちょうど14時、開店の時間であります。立ち飲みと銘打っていますが、今はすっかり椅子がありまして、むしろ立ち飲みはできません。店内のTVで音楽番組を眺めながら、ここでもウメサワーっぽいやつをいただきましたが、すっかり酔いも回り、金の計算ももはやできなくなっております。
by hoppys | 2015-07-04 23:59 | 上大岡でハッスル | Comments(0)

「鳥佳」で心ゆくまで

a0038663_22153789.jpg

 上大岡の「鳥佳」にやってきました。人気店ですが、早めの時間帯に突入してカウンターにおさまることができました。1杯めは酎ハイをいただきましたが、2杯目からは自家製のジンジャーエールに切り替えます。鳥佳巻をはじめとする名品の数々は、比較的入りやすい系列店でも楽しむことができますが、この自家製ジンジャーエールはここでしか飲めません。ウィスキーを割ったジンジャーハイボールでいただきましたが、濃厚な生姜味がウィスキーとよく合い、しかも飲みやすいので、調子に乗って2杯3杯と進んでいきます。いささかペースが早過ぎるので次はシャンディガフにしましたが、これもまた美味でありました。その間、鳥佳巻、トマト巻、チーズ巻から、皮ナンコツしいたけエリンギねぎしめじ、そして最後に鳥スープと、どんどん進みました。なぜ、今回に限って詳細なメニュウが記憶されているかと言えば、レシートが手元に残っていたからです。いずれにしても、手応え十分であります。
 たっぷり飲み喰いした後ですが、諸事情あって井土ヶ谷駅で途中下車、ここまで来たら立ち飲み「ニューイドガヤ」に行くしかありません。しかし、カウンターには椅子があったので、ここは座ってホッピーを飲み始めました。だいぶ喰ったので、冷奴をゆっくりつまみながら続いてナカも貰います。後からお客さんが来ると、おれを含めカウンターの先客はさっと奥に詰め、新しく来たお客さんは感謝の意を表明しながら着席します。うむ、いい酒場がいい客を呼ぶ様を実感致しました。
by hoppys | 2014-10-06 23:59 | 上大岡でハッスル | Comments(0)