びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
a0038663_14144393.jpg

 関内の「その日暮らし」にやってきました。こちらのホッピーは、キンミヤ焼酎をシャーべット状にしたシャリキンで出てきます。見ていると、たぶん半分凍らせてあると思われる紙パックのキンミヤを、攪拌器にどしどし投入しています。手製シャリキンとでもいいましょうか。もっとも、本来のシャリキンも使用しているようです。シャリキンで作ったホッピーは、シャーベット状の焼酎が水面に浮くので、攪拌せず無造作に飲むと、ほぼ焼酎そのものが口に入ることになるわけで、これはかなり効きます。ねぎま、トマト巻、もち巻き、肉豆腐といったあたりに、今日の希少部位&オススメメニュウから、はつもと、焼おにぎり串をもらいました。焼きおにぎり串は、細長い焼きおにぎりに串が刺さった形のなかなかユニークなやつです。さらに、人気というきつね煮をもらってみると、揚げが出汁に浸かっていてなかなか美味、さらに巾着の中には豚肉が入っています。2杯目の梅肉サワーは、梅肉が入ったシャリキンに、コダマ炭酸の瓶で出てきました。メニュウを見ると、サワー類の横に何気なく「金宮焼酎梅割り」がありました。特にマニアックでもなく入りやすい店に、こんなものか並んでいるとは危険だなあと思っていたところ案の定、知らずに注文しようとしたお客さんが、正体を聞いて、慌てて取り消す一幕がありました。この店、いかにも酒好きの手によるものらしい仕掛けがいろいろです。いつの間にか、計算以上に酒が回っているのも、そのひとつなのでしょうか。
 酔っぱらいつつも、イセザキの立ち飲み「みんなのいばしょ」に直行であります。再びホッピーをもらいました。店内のTVで、毒にも薬にもならぬゴールデンタイムの番組を眺めてあーだこーだ言いつつ、マカロニサラダをもらって、ナカまでもらう流れとなります。

[PR]
by hoppys | 2018-08-09 23:59 | 関内でハッスル | Comments(0)

夏をエンジョイな上大岡

a0038663_11415231.jpg

 上大岡の「鳥佳スタンド」を再び訪れました。まずは生ビールですが、キリンラガーです。おや、なにかがおかしい感じします。焼き物は、つくね、皮、チーズ巻、しいたけ、鳥ねぎを選択しました。それに枝豆をもらいます。まだ他にもいただきたいものがありますが、次回のお楽しみにとっておきましょう。ゴダイゴやクールファイブなど、懐かしい歌声が店内に流れています。しかし、しばらくするとtvkのベイスターズナイターの放映が始まりました。マスターもファンとのことで、ベイスターズのおかげで会話が広がり、ビールも2杯3杯と増えていきます。素晴らしいことですが、地元のためにも勝ってもらわないといけません。
 まだ明るいさかえどおりに出て、「じぃえんとるまん」にやってきました。今夜も大盛況ですが、引き続きTVを見ることができるカウンターを確保、手早くホッピーにマグロ刺、コールスローを注文して飲み始めました。150円のナカ、250円の青りんごサワーと追加して飲み続けます。

[PR]
by hoppys | 2018-07-31 23:59 | 上大岡でハッスル | Comments(0)
a0038663_00095045.jpg

 上大岡の有名店「鳥佳」に、「鳥佳スタンド」なる支店ができたと訊いて、訪ねてみることにしました。慰霊堂入口交差点から大岡川を渡り、右折して細い路地を入ると、ほぼ住宅街の中に、小さな店が3軒並んでいます。その1軒が「鳥佳スタンド」でした。8席のカウンターだけの店内、スタンドと言っても立ち飲みではありません。もちろん、やきとりがメインですが、メニュウには鳥佳らしい「釣り物」と銘打った魚料理なんかあります。後で聞いた話ですが、各支店の店長さんなど鳥佳関係者の皆さん、揃って釣好きのようです。今日は、やきとり各種に茹でたて枝豆をもらい、生ビールを飲むことにしました。キリンラガービール、小ぶりで380円となっています。やきとりは、1本ずつ、いいタイミングで出してくれます。さすがは鳥佳であります。他のお客さんがいなくなり、本店の様子を尋ねてみると、相変わらずの人気ぶりのようで、予約が必要らしいです。どうもそれが面倒なんで、などと喋りつつ、生ビールをもう一杯いただいておきます。
 今日は、いつもの「いづ屋」が臨時休業なので、上大岡はこれで仕舞いとし、一躍イセザキの「和来」へ向かうことにしました。激戦中のナイター中継をここで見ようという算段でしたが、到着するとベイスターズはボコボコにやられているところでした。カウンター席のおじさんたちも、意気消沈です。ホッピーと茶豆で飲み始めるも戦況は好転せず、ナカをもらって、結局敗戦まで見届けることになりました。

[PR]
by hoppys | 2018-07-11 23:59 | 上大岡でハッスル | Comments(0)

ビールで凌ぐ夏本番

a0038663_22491051.jpg

 神奈川新町駅の近く、第1京浜ぞいにある立ち飲み「はねや」を訪れました。焼鳥の店で、入るとコの字型カウンターとテーブルがありました。店内、木の内装で、この時間はまだ外が明るいのですが、照明は落とし気味のようで、洒落た雰囲気です。暑い中歩いて来たので、まずは生ビール、それに、ねぎまとしいたけをもらうことにしました。カウンターからよく見える焼き台で、丁寧に焼いてくれます。暑くて早々の2杯めはレモンサワー、鶏繋がりなのか、チキンラーメンなんてメニュウもあったりします。次はゆっくり来たいところです。
 続いて、KQでひと駅、仲木戸駅から「じゆうな丘」へとやっできました。壁にある手書きのメニュウには、キンメダイ煮付け、タラレモンペッパー焼、カニカマスペシャルサラダと、いかにも美味そうなものがありました。これを順次もらうことにします。緩い感じながら、相変わらず腕のよい板長、キンメダイなど、煮汁が美味くてバイスがどんどんと進みます。カニカマスペシャルサラダも、どのへんがスペシャルかは結局不明でしたが、さらにバイスが2杯となりました。
 今日は気まぐれで、KQでなく、東神奈川駅から京浜東北線に乗り、桜木町駅から野毛へと入りました。土曜日ということで人出が多いのですが、なんとか野毛小路「SHEVA」にたどり着きました。幸い、野毛の常連さんしかおらず、落ち着いてギネスを飲むことができました。店内モニターでは、東京ドームのナイターの終盤戦を中継しています。2杯目の生ビールを飲んでいるうちに、試合が終わりました。「SHEVA」を出ると、野毛小路は相変わらずの混雑ぶり、普段の野毛のお客さんらしい姿はほとんど見られず、まるで別世界であります。こんな有様なんで、野毛でもう1軒寄るのは断念致しました。イセザキに向かうとしましょう。

[PR]
by hoppys | 2018-07-07 23:59 | 東神奈川でハッスル | Comments(0)
a0038663_00070498.jpg

 先日、関内を歩行中にチラシをもらったので、焼鳥「その日暮らし」に行ってみました。常盤町二丁目、「いっとん」の前、スポーツバーがあったところかと思います。鰻の寝床のような、間口が狭く奥に長い店で、関内でカウンターメインの酒場はなかなか貴重な存在と言えましょう。若いスタッフが多く、いまどきの店感はありますが、要は行き届いてりゃあいいわけです。早速税別450円のホッピーをもらうことにしました。ちなみに、ナカは200円、ソト抜は250円とあります。計算は合います。ホッピーの瓶と一緒に出てきたのは、シャーベット状の氷が入ったジョッキでした。カウンター席から見えるところに、シャリキンのタンクかサーバーみたいなのがあって、そこから注いでくれます。後で訊いてみると、間違いなくシャリキンでした。透明で中が見えるようになっていて、シャリキンを攪拌しているようです。頼めば、普通のキンミヤと氷の取り合わせも対応してくれます。やきとりのほうは、ユッケ系や希少部位もあって、昨今のニーズに対応しているようでもあります。おれ自身は、ねぎまとかささみとか、いつもどおり標準的なやつにいってしまいます。このあたりは、1本税別150円で喰うことができます。ナカをもらった後、メニュウにある「信濃サワー」が気になったので訊いてみると、予想どおりリンゴジュースとの答えがありました。もらってみると、シャリキンにリンゴジュース、それにコダマの炭酸の3点セットになっていました。いろいろ考えているようです。
 続いて、セルテ6階にやってきました。ここに「ラーメン横丁」ってのができたんですが、その一角に立ち飲み「ラッキー」がオープンしています。カウンター立ち飲みメインですが、奥の方には椅子があり、テーブルの4人席あります。店内には、見覚えのあるブルーの五芒星が目立ちます。キンミヤで出てくるホッピーを飲み始めました。本日月曜日は割と落ち着いていますが、ベイスターズ戦のある日は、店内2機の大型モニターで中継をやっていて、大いに盛り上がるとのことでした。今日のところは、ナカとエイヒレをいただいて終了です。

[PR]
by hoppys | 2018-06-25 23:59 | 関内でハッスル | Comments(0)
a0038663_22551252.jpg

 東神奈川駅ペデストリアンデッキ直結のリーデンスフォート、その1階にある立ち飲み焼鳥「鳥清」にやってきました。この店は、通路の奥にあって、入口は表に面していないので、ちょっと場所がわかりづらいかも知れません。430円のホッピーに、キャベツに焼鳥各種をもらって始めました。ナカは220円でした。落ち着いた照明の下、一人客の皆さんが静かに飲んでいます。と、そこへ突然、大口あたりの視察を終えたホッピー仙人が登場、7年振りに訪れた東神奈川の店で遭遇するとは、いささか意表を突かれました。仙人が、ぐぐっと飲んで店に向かったあと、キャベツと一緒に出てきたマヨネーズでもう1杯、うめサワーをいただきました
 二階の立ち飲み「じゆうな丘」に上がるには、一度建物の外に出る必要があります。まずはバイスを注文したところで、看板スタッフのんちゃんさんと互いにマリノスファンということが判明して意気投合、否応なしにテンションが上がります。さらに、アジ刺、トマトサラダなんかを喰らい、バイスをもう1杯のあと、3杯めはトマトハイに致しました。いやあ、この店もいちいち濃いやつが出てきますなあ。

[PR]
by hoppys | 2018-02-16 23:59 | 東神奈川でハッスル | Comments(0)

冬将軍を迎え撃つ

a0038663_23225044.jpg

 野毛本通りの「鳥どり」に久しぶりの来店であります。雨模様の寒い夜なのに、カウンターに収まると、何も考えずホッピーをコールしてしまいました。しかも見事にジョッキはカチカチとなっております。焼鳥数本にタン塩レモンを注文、焼きあがるまでにタン塩から喰うと、こっちは計算通りとなりました。注文が入るたび、厨房の中から威勢のよい返事が返ってきます。元気があるというのはよいことです。こちらも、肉巻きトマトや佐藤麦お湯割りを追加、佐藤麦はさらにもう1杯もらいました。
 続いて、都橋商店街「○豊」になります。移動中もさらに冷え込んだので、最初から焼酎お湯割り、梅干し入りでいただくことにしました。暖かい店内、居心地もよく、なかなか出づらいところですが、もう1杯いただいたところで、勢いをつけて移動することにします。
 3軒目は、イセザキの「みんなのいばしょ」、先日めでたく5周年を迎えました。ここではなぜかいきなり冷たいキンミヤソーダを飲み始めました。たくあんとか、5周年営業の残りの菓子とかつまみながら、さらにキンミヤソーダを2杯、いつの間にか寒さもわからない酔っ払いとなっております。

[PR]
by hoppys | 2017-12-08 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)
a0038663_22281879.jpg

 新杉田の「よしべぇ」にやってきました。焼鳥メインの立ち飲み屋さんですが、訪れるたび、他のメニュウも増えてきました。会社帰りあるいは地元の常連さんを中心に、いつも賑わっています。早速の注文はホッピーと塩ダレキャベツ、それに焼鳥数本と致しました。おれは、断然ささみのよく焼き、壁際のカウンターが定位置です。焼酎多めのナカをもらってから、さらにそば茶割とキムチをもらいました。このキムチが思ったより辛くて、そば茶割が進みます。
 続いて、「愛知屋酒店」に登場であります。まずは入口付近の冷蔵庫から、スーパードライの中瓶を持参、豆もやしと6Pチーズ2Pをつまみに、これをいただきました。2杯目は、他店であまり見ない「湘南ゴールドサワー」、これも持参となります。アルコール5%なので安全なやつなのです。

[PR]
by hoppys | 2017-12-04 23:59 | 杉田でハッスル | Comments(0)

パワフルな関内の酒場

a0038663_23131207.jpg

 関内ベイスターズ通りの「福の軒」にやってまいりました。早くもかなりの混雑ですが、カウンター奥に空席がありました。スタッフのTシャツには「豚骨拉麺酒場」とあります。注文があちこちで入っているようなので、手っ取り早く、生ビールと焼鳥各種、それに赤カブ漬けをコールしておきました。焼鳥は税別90円と格安なのでどしどしもらいます。生ビールもう1杯に、麦焼酎の水割りと飲み続けるうち、カウンターは、既にお客が入れ替わっています。早い時間に来て、さっと飲んで帰る、あるいはラーメンを喰って帰るというお客さんが多いようです。活気ある厨房の湯気がこっちにも流れ込んできます。
 今日の関内、路面店を覗くとどこも混みあっているようです。桜通りの立飲み「ななや」も盛況ですが、なんとか入れました。いつものようにホッピーを注文しましたが、キンミヤ焼酎シャリキンがあるようなので、これで作ってもらいました。キンミヤタンブラーで出てきます。奥の壁に「おとおし4点盛380円」というのがあったので、これをいただくことにします。10点ほど用意されているメニュウから、コンニャク煮、小松菜おひたし、ミートコロッケ、スパサラダを選択しました。1点盛から3点盛もできるようです。同じものを2つでもよいらしく、それならおそらく5点盛り以上もできるのでしょう。2杯目は、ちょっと珍しいハイッピー400円をもらってみました。ハイサワーの博水社が作っているビアテイストの割もので、要はホッピーと同種のものということになります。しかし、シャリキンキンミヤ&ホッピーの組み合わせを前にしてはやっぱり分が悪い結果になりました。11月27日に、開店2周年を迎えるという「ななや」、黒霧島の前割りに挑戦するなど、いろいろやっている感が楽しい酒場であります。

[PR]
by hoppys | 2017-11-15 23:59 | 関内でハッスル | Comments(0)
a0038663_23482985.jpg
 
 「たべもの横丁」の立ち飲み焼鳥「鳥むすめ」に登場であります。混雑していることが多い店ですが、今日はまだ早いせいか、メインのカウンターが空いていました。いつもの元気のいい声で迎えてもらい、早速ホッピー、さらに焼鳥各種、今日はししゃももあったので、これももらうことにしました。ナカさらには酎ハイ梅干し入り、梅干しなしでもう1杯と、気分よく飲み続けました。
 続いて宮川町の立ち飲み「桐のや水産」へやってきました。折しも店内のTVで日本シリーズ中継をやっていたので、生ビールを飲みつつこれを見ることにしました。嘘です。知ってて来ました。試合が佳境に入るところで生ビールもう1杯、ちょっと古い友人に一杯いただいたりしていると、ベイスターズが逆転に成功しました。にわかに盛り上がってきたタイミングで、元気のいいスタッフもひとり加わって、店内はさらにテンションが上が ってきました。そしてついにベイスターズ勝利、おれ自身も、気がつけばさらにレモンサワーを2杯となりました。強いベイスターズは、横浜の夜を元気にするのです。

[PR]
by hoppys | 2017-11-02 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)