人気ブログランキング |

びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ご機嫌な季節の野毛小路

a0038663_23564830.jpg

 野毛小路の「鳥良」にやってきました。おれのカウンター席は、いつも入口近くのコーナー寄りになります。生ビールの中ジョッキをもらい、手羽先にさつま揚げと、揚げものは時間かかるので手早く注文しときます。もう暑いくらいなんで、入口の扉は開け放たれていて、涼しい風が入ってきます。2杯めは、麦焼酎「黒閻魔」を水割りでいただきました。どっしりめのグラスに、しっかりの濃さ、やっぱり野毛であります。
 野毛小路の立ち飲み「よりみち」が、予定どおり2軒めとなります。 夏メニュウからクエン酸サワーをもらい、表の立ち飲みステージで茶豆をつまみながら飲み始めました。ひと通り少なめな今夜の野毛小路ですが、隣の店は行列ができています。おれが1杯めのクエン酸をゆっくり飲み終わってもまだ入れないのだから、これは大変なご苦労であります。2杯めのクエン酸サワーは、チーカマとともにいただきますが、ここで、半分以上残ったチーカマを、路上に落とすという惨事に見舞われました。残念なんで、チーカマはもう1本もらいました。
 続いて、奥の「tacobe」に突入しました。カウンター席独占で、マスターママとゆっくり話ができます。おれが推奨した枕の使い心地とか、元々店があった黄金町界隈の最近の状況とか、話が尽きないうち、角ハイボールは3杯めに達するのでした。

by hoppys | 2019-05-29 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)
a0038663_22411563.jpg

 令和初の大口界隈であります。幸い、大口通り商店街の「石川屋酒店」に、空きスペースがあったので、すかさずお邪魔しました。生ビールにたくあんで飲ませてもらいます。生ビールもたくあんも旨くて、令和感満喫です。2杯めは、奥のお客さんが飲んでたのと同じ角ハイボールにしました。アルコール7度の缶のやつを、氷の入ったグラスていただくわけでありまして、これがまた250円ながらなかなか旨いのであります。気のいい常連さんたちが揃う店ですが、そんなみなさんも、最近のベイスターズの不調にはすっかりおかんむりです。本当にしっかりしろ。
 続いて、大口1番街に移動、いつもの「養老乃瀧」子安店に突入となります。今日も芋焼酎「虎斑霧島」、ソーダ割でもらいました。毎回いいやつが入ってるアジ刺に、肉どうふ、さらに新玉ねぎシリーズからは熟考の上、天ぷらにしました。こういった旨いものをいただいていると、いかにも令和らしく、当然のように焼酎がどんどん減っていくのでした。


by hoppys | 2019-05-11 23:59 | 大口でハッスル | Comments(0)

野毛ですぽんと餃子を

a0038663_21152294.jpg

 クリスマス間近、休日前の野毛にやってきました。ちょっと前は、この季節に忘年会以外で野毛を訪れる者などまるでいなかったわけですが、時代が変わりました。よいことでしょう。それでも、野毛小路「翠葉弐千」に空席が確認されたので、すかさず突入しました。ホッピーに餃子、青菜炒め、鶏肉とカシューナッツ炒めと、相次いで手早く注文します。キンミヤのホッピーは美味いやつなんで、このまま居座ってしまおうという策略なのでした。ナカのあと、キンミヤソーダは1杯2杯3杯4杯と順調に進むことになります。飲み過ぎです。
 続いて、野毛小路を進み「tacobe」へやってきました。こちらにも幸い、カウンターに空席があったので、無事飲み続けることができます。だいぶ飲んでるにもかかわらず、さらに角ハイボールを2杯、無理のないだろう範囲内でもってじわりじわりと飲んでおりますが、免罪符の年末ということで、少々酔いが進んでもさすがにここは仕方ないといっていいでしょう。


by hoppys | 2018-12-23 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)
a0038663_21560878.jpg

 連休中の野毛にやってきました。まだ明るいうちに、野毛小路「tacobe」のカウンターへ突入することに成功しました。今月27日に開催される「野毛ハロウィン」のパンフレットが出来上がっておりました。ハシゴ酒ハロウィンに野毛大仮装、今年も他の街とはまるで違う、阿鼻叫喚のハロウィンとなることは確実であります。まあ、そんな無駄話をしつつ、生ビールを飲み、たこ焼きをもらい、角ハイボールをいただきました。今年のハロウィンも、ちゃんと顔を出すよう、ママに釘を刺され、一大プレッシャーであります。
 続いて、吉田町の「さん太」へ入店しました。黒板メニュウから、スズキの刺身、ぶり大根をいただき、とりあえずレモンサワーを飲んでおりましたが、味わい深い麦焼酎があるとのことで、それをいただくことにしました。それは福岡の「釈云麦」でありまして、なるほどこれなら間違いありません。1杯目は水少なめの水割りにしましたが、麦茶割で飲めるとのことなので、2杯目からはそれをいただくことにしました。氷の溶ける分も考慮して濃いめになっているという、ご主人特製の麦茶であります。飲んでみると、それぞれの麦風味が一体となり、いい意味で麦茶で割っていることを感じさせません。これはすいすいいけます。麦焼酎好きとしては、当然もう1杯いただくことになりました。

by hoppys | 2018-10-07 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)
a0038663_23315841.jpg

 土曜日の野毛の夕方、あちらこちらにできている行列を横目に、野毛小路の「tacobe」にやってきました。カウンターで、まずは生ビール、たこやきをもらって、2杯目は早くも角ハイボールをいただきます。この店にはいろいろ懐かしいウィスキーが揃っているので、しっかり角と言わないと、トリスやホワイトが出てくる恐れもあります。まあそれはそれで楽しいのですが、ある程度の悪酔いを覚悟しなければなりません。
 そろそろ野毛が混みあってくる時間なので、2軒目は宮川町の「遊」までやってきました。ホッピーをもらって、冷奴にキムチをもらい、併せていただきます。毎回いろいろ楽しいぶっちゃけ話をしてくれるマスター、ベイスターズも好調で大いに盛り上がりました。ナカさらにバイスをもらってこっちの調子もよくなってきました。
 続いては、イセザキの立ち飲み「みんなのいばしょ」へとやってきました。この前も同じパターンだったような気もするがまあいいでしょう。こちらではピンクサワー、つまりバイスを飲み続けることになりました。ツイッターなどでは、いろいろ新メニュウにチャレンジしていることを伺わせますが、実際に来店すると、特になにかしら勧められることはありません。というわけで、今夜はバイスだけ飲んで、終了となりました。

by hoppys | 2017-06-17 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

鉄板が紡ぐ愉しみ

a0038663_23380189.jpg

 今夜は、少人数ながら野毛で宴会をすることになりまして、「まんぷく」に初来店であります。他のメニュウもありますが、鉄板焼きメインの店ですから、どんどん焼いていきましょう。その前にホッピーをもらうと、この焼酎が大量でありまして、ホッピーはほぼ4分の1ほどしか入りません。いきなりこれでは先が思いやられますから、ここは半分までホッピーを継ぎ足します。そのあともらったナカも同様にいたしまして、ホッピー1瓶、焼酎2杯で調整しました。で、鉄板のほうは、ホルモン、ハラミ、エリンギと焼いて喰ったのち、いよいよお好み焼きへと移行します。この店は、日本風のお好み焼きと、韓国風のチヂミを両方楽しむことができます。お好み焼きはサラダオイル、チヂミは胡麻油を鉄板にひいて焼きます。これについては、日韓甲乙つける必要はありません。この間にウメサワーが2杯空いております。
 気持ちいいところでもう1軒、野毛小路の「tacobe」に立ち寄りました。カウンターの隅で角ハイボールを飲んでいると、どんどんとお客さんが増えてきました。まだ金曜日ですが、もはや土曜日的な喧噪でもあります。しかし、気にすることなく、もう1杯飲んでいきましょう。

by hoppys | 2017-02-24 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

仕方がない大道芸の日

a0038663_22364835.jpg

 天候にも恵まれ、野毛大道芸は無事開催であります。大道芸自体は見なくとも、一応出かけてみるのが習わしとなっております。賑わっている野毛本通りや野毛小路、柳通りなどを見て歩けば、あちらこちらで知った顔に遭遇します。当然、昼から張り切っている店の人が多いわけで、まずは、「トモ」の出店で生ビール、続いて「バジル1号店」の店頭で生ビール、さらに「SHEVA」の店頭で営業中の「シマムラスポーツ」なる出店で、角ハイボールを貰うことになりました。これは普段のハイボールの3倍ウィスキーが入るとのことで、要はウィスキーのロックをジョッキでのようなものです。いつもあの美味いアーノルドを出しているマスターがこんなことをやっていいのかという疑問もありますが、チケット制だったのでこれを2杯、1杯500円だったので、千円で尋常じゃない量の角を喰らったことになります。この合間に、「suzumaru」の出店でサングリアソーダ、さらに「よりみち」、「tacobe」でも飲んじまって、まだ明るいうちに記憶もあやふやとなっております。
by hoppys | 2016-04-23 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

金曜日の「肴こばち」

a0038663_20344934.jpg

 金曜日の野毛に乗り込んでまいりました。まずは、ある程度喰えるところを目指しまして、「肴こばち」にしました。カウンターはほぼ埋まっていましたが、まだ入れました。1杯目からキンミヤハイボールにしました。レモンのスライス入りですが、投入前に軽く絞ってくれているのが、ママの気遣いであります。サバの味噌煮、丸干し、それにほうれん草白ゴマ和えなんかを貰いました。魚と野菜で健康にもよさそうな感じです。ちょっとお客さん入れ替わりましたが、気が付けば、カウンターは、1-2-3-1と言った具合で満席になっていました。一番手前の1がおれで、一番奥の1は飲み仲間であります。キンミヤハイボールを調子に乗って3杯めを空けかけ、そろそろ移動するかと思っていると、そのお客さんたちがあれよあれよと帰っていきまして、あっという間におれひとりになりまして、こんなこともあるもんだと、ママさんと顔を見合わせました。
 2軒目は都橋商店街、立ち飲み「〇豊」になりました。ジンジャーエール割りをいただきます。こちらでも知人が出入りしてなかなか愉快であります。店内のTVには、中畑前監督が出演していました。それで亡くなった奥さんとの感動秘話なんかやるからこちらもたまりません。ジンジャーエール割りは結局4杯になります。
 それでも金曜日なので、もう1軒と参りましょう。野毛小路の「tacobe」になります。奥のテーブル席は埋まっていますが、カウンター席には入れました。今夜も角ハイボールを飲みながら、うだうだと喋っておりまして、2杯飲んだところで、これまでと致しました。
by hoppys | 2016-02-19 23:59 | 野毛でハッスル | Comments(0)

関内のシメはホッピー

a0038663_22305270.jpg

 ここのところ、飲みに出かけるとたいてい雨が降っているわけですが、今晩も雨を通り抜けて酒場に向かいます。辿り着いたのは「おおぎ」でありまして、たぶん大通り公園横の店が本店だと思うのですが、我々は常磐町3丁目の店で飲むことになるのでした。ここは、本業はうどんであります。最後にうどんを喰えるかどうかはさておき、とりあえず生ビール、それに肉豆腐、さつま揚げ、アジの刺身、ジャーマンポテト、さらにエシャレットまで注文しました。人数が多かったので、おすすめメニュウとあったのを片っ端から選んだ結果ですが、ビールやハイボール飲んでる時にエシャレットなど美味いはずがありません。もうちょっと面倒見ればよかったと思いつつも、おれ自身は甘めのレモンサワーを経由してハイボールモードに突入しました。白州や山崎なんかでも飲めるのですが、ここはやっぱり角でいきましょう。超炭酸と銘打った炭酸で作ったやつを3杯いただきました。3杯軽くいけるあたりは関内仕様、あるいは常識的なアルコール濃度といえましょう。
 予想通りうどんには至らないまま終了、もうものは喰えずとも酒は飲めるわけで、おれはすぐ隣の立ち飲み「立半」に駆け込みます。今日も、贅沢なキンミヤ使用のホッピーをホッピージョッキでいただきます。千円の回数券がまだ残っていたので、ナカを貰っても現金の出費はゼロなのであります。
by hoppys | 2015-04-20 23:59 | 関内でハッスル | Comments(0)

記憶に残す3月の野毛

a0038663_2244794.jpg

 3人で、「あさひや」に行ってみたところ、なんと入れました。カウンターのお客さんに快く詰め合わせてもらって感謝至極であります。梅割りはやめておいて、キリンラガーを飲むことにしました。おでんのほうは、ちくわぶ、こんぶ、たまご、しらたきあたりになります。ここは、軽く飲み喰いしたところで、早めに切り上げます。短い時間ではありますが、この店で飲める幸せをじっくり味わったところで、あとは次のお客さんに楽しんでもらいましょう。
 次は、野毛本通りを越えて「荒波」、ここは元「八百八」だったところです。年度末ということで、宴会の予約が入っているようで、カウンターに案内されました。料理は焼鳥各種、例によってささみはよく焼いてもらいます。焼酎ワインが充実しているので、まずは麦焼酎「佐藤」、続いて先日熊本で楽しんだ球磨焼酎「白岳しろ」、さらに米焼酎「鳥飼」と飲み続けました。久々に飲んだ「鳥飼」、甘くて美味でありました。
 野毛小路にスライドして「パパジョン」になります。ここも、いいタイミングで入れました。当然角ハイボールそしてつまみにレーズンバターであります。アナログレコードのサウンドに酔いしれつつ、もう1杯角ハイボール、いまさら言うまでもありませんが、毎回、この店では格別の味です。
 ひとり脱落しましたが、最後は同じく野毛小路の「ZOO」、1階のカウンターでモレッティSサイズを頂きました。Sっても、かなり満足の分量になってます。今夜も気持ち良く酔っ払いました。年度末、野毛とはしばらくお別れとなるみなさんもいらっしゃることでしょう。あと少し、楽しい時間をお過ごしください。
by hoppys | 2014-03-24 22:58 | 野毛でハッスル | Comments(0)