人気ブログランキング |

びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

タグ:野毛 ( 248 ) タグの人気記事

真夏の「浅見本店」で

a0038663_22253320.jpg

 猛暑の中をなんとか、横浜橋「浅見本店」にたどり着きました。入っていくと、常連の皆さんが会釈で迎えてくれます。涼しい奥に案内され、瓶ビールはキリンラガー中瓶、それに50円の塩豆をもらいました。店内のTVでウマなど眺めながら、ゆっくり日曜日を楽しみます。
 続いて、八幡町の「内藤酒店」へとやってきました。スーパードライ中瓶をもらって飲み始めました。かなり暑いので、皆さん団扇をぱたぱたさせながら飲むことになります。野毛でもなかなか会わない顔馴染みに、なぜかここでは再会することができます。まだまだ陽は高いところですが、だいぶできあがっていたお客さんが、ママさんに「もうやめなさい飲んだって無駄」と言われていました。こんなふうに言ってもらえるのは幸せなことです。たぶんおれ自身はまだ大丈夫かなと氷結のグレープフルーツ350mlを2本いただきました。
 「内藤酒店」を出て、よこはまばし商店街でキムチを土産に買い、その足で野毛「tacobe」に立ち寄りました。角ハイボールをもらい、ようやく座って飲むことになります。暑さも相まってだいぶ回っておりますから、ここらで仕舞いにしておきましょう。


by hoppys | 2019-08-04 23:59 | 横浜橋でハッスル | Comments(0)
a0038663_21502563.jpg

 新子安駅前の「諸星酒場」にやってきました。長大なカウンター席の入口近く、10番の席で飲み始めることになります。ホッピーに、あじのさしみ、茶豆、チーズフライといただきました。暖簾の隙間から、まだ明るい日差しを感じつつ飲むのが、夏っぽくていい感じです。壁には、この界隈にもしばしば出没するらしい石井正則さんや、アジアタッグ王者菊田一美選手のサインが飾られています。ホッピーは黒セット、ナカともらい、ハーフ&ハーフを楽しむいつもの飲み方になります。19時ころから店内のTVでベイスターズ戦の中継が始まりました。今日は、スターナイトであります。
 さて、どこかでベイスターズ戦の続きを見ようと考えたところ、やっぱり野毛のスポーツバー「SHEVA」になりました。またしても、軽く1杯か2杯と考えていたところ、意外に試合展開が早く、結局生ビール3杯飲んで、ベイスターズの勝利を見届けることが叶いました。プロレスの営業の人が飛び込んで来るあたりも、野毛、スポーツバーらしくて楽しいところであります。その興行は、ドラゴンゲートの8月30日ラジアントホール大会、関心のあるかたはぜひ観戦してください。

by hoppys | 2019-07-30 23:59 | 子安でハッスル | Comments(0)
a0038663_22090954.jpg

 今日は、鶴見駅東口ロータリーの立ち飲み「とんちゃん」で飲み始めました。来月には12周年を迎えるとのことで、おめでとうございます。ホッピーに、おすすめの豚から、豚バラ高菜、おろしポン酢、にんにくの芽巻き、トマト巻きなどいただいてご機嫌であります。豚も大きめですが、焼酎もかなりの分量です。さすがは鶴見といったところ、おおめのナカはホッピーを注いでいただきました。
 続いて、立ち飲み「とっちゃん」、こちらも活気の溢れた店内で、飲む気が増してまいる次第です。やっぱりホッピーをもらい、大皿からひじきを注文しました。このあとナカをもらったのですが、カウンター内に、ディスペンサー付のキンミヤ一升瓶を2本用意して、手早く連発でツープッシュしてくれます。ディスペンサーが戻る僅かな時間も惜しむ時短ぶりに感服であります。
 すっかり気分のよくなったところで、KQで日ノ出町駅まで移動、のげこうじの「桐のや水産」へやってきました。なも、立ち飲み&ホッピーとなるわけです。ここではナカをもらったくらいで仕舞いにしておくのが無難といえましょう。

by hoppys | 2019-07-09 23:59 | 鶴見でハッスル | Comments(0)
a0038663_21444321.jpg

 上大岡の立ち飲み「すずき」はやってきました。ホッピーに、黒板メニュウから白身魚のフライ230円、レギュラーからアジの梅しそ揚げ150円をいたただくことにしました。同時に注文するので両手にフライ状態、どんだけフライ好きなんだって話ですが、それほど梅しそ揚げが美味いのであります。ナカをもらいますと、より多めの焼酎量で、十分もう1回いけるのですが、セットが380円、ナカとソト190円の価格でそれはいかんだろうとの配慮で、3杯目はそば茶ハイをもらいました。さらに豆もやしを追加すると、これがまた180円で山盛りであります。
 続いて、野毛、都橋商店街へと移動、立ち飲み「○豊」に到着であります。こちらでは、飲めば飲むほど健康になるトマト割りを選択しました。これに、やっぱり身体によい旬の焼き竹の子、空豆といただきます。TVではオカムラさんたちが高級トリュフまみれになってますが、いやいやこちらも美味いものが揃ってます。というわけでトマト割りは都合3杯め、ますます健康一直線というわけです。


by hoppys | 2019-05-09 23:58 | 上大岡でハッスル | Comments(0)

「角清」で優雅に

a0038663_00284798.jpg

 吉田町の「角清」のおつまみセットで、一杯やることにしました。生ビールに、ピリ辛そぼろ奴、カンパチの刺身を選択しました。年度末で混雑してる居酒屋もあるようですが、こちらは落ち着いた雰囲気でじっくり飲むことができました。ビールの後はそば湯割りであります。蕎麦屋に来たら、これにしない手はないというものです。
 都橋を渡り、宮川町の立ち飲み「桐のや水産」にやってきました。今夜はかなり冷え込んでいるのですが、扉は全面開放の開けっ広げであります。しかし、それでも冷えたホッピーを飲み始めました。かつての野毛には、周りを囲っただけの簡易店舗が多く存在し、お客は風にさらされながら飲み続けていたとのことです。ここは、そんな昭和の記憶を保存する店と言えるかも知れません。懐かしい時代に想いを馳せつつも、オール300円のつまみから鶏のからあげをもらい、さらにナカももらっております。
 イセザキの「みんなのいばしょ」が今夜の終着駅となります。またホッピーを注文、つまみをもらうことなく、ナカ、キンミヤソーダと、今夜はひたすら飲み続けることになりました。

by hoppys | 2019-03-28 23:59 | 吉田町でハッスル | Comments(0)
a0038663_22475060.jpg

 新子安「諸星酒場」になります。なかなかの混み具合でありますが、長大なカウンターの壁寄りで飲み始めることになりました。今夜は1杯目から金宮お湯割り梅干し入りとなります。お通しはメンマ、さらにいわしのさしみ、冷やっこをいただきました。金宮お湯割り梅干し入りは早めに2杯目となります。噂の諸星Tシャツ姿の外国人のお客さん3人、この気候で寒くないのかあと心配しつつ酒が進みます。金宮お湯割り梅干し入りに続いては、バイスそして初挑戦の串かつとなりました。大振りなやつが1本であります。それにしても、お湯割りもバイスも、甲類焼酎がびんびんとくる店ですなあ。
 さあ、続いて野毛に繰り出しましょう。桜木町駅から野毛小路「tacobe」へとやってきます。若いお客さんが多く訪れますが、ここは、マスターママと積もる話をさせていただくのが常連の妙というものです。おかげで、生ビール3杯となりましたが、特に差支えはありません。
 3軒目は、宮川町の立ち飲み「桐のや水産」で、500円の兼八をいただくことにしましょう。安価過ぎて申し訳ありません。            

by hoppys | 2019-02-13 22:59 | 子安でハッスル | Comments(0)
a0038663_23011550.jpg

 大口あけぼの通り商店街の中華料理「寺尾屋」にやってきました。生ビールに餃子をもらって飲み始めたのですが、昔ながらの醤油ラーメンの小サイズがあったので、すかさず注文してしまいました。小サイズながら、十分な量で満足です。いきなりラーメンってのも明らかに変ですが、まあ、遅い昼食と言うことにしましょう。
 ラーメンが終わると、早くも子安駅から仲木戸駅に移動、立ち飲み「じゆうな丘」に到着しました。すると、若干店内の雰囲気が変わっています。スタッフののんちゃんさんに訊いてみると、先日大掃除をして面目を一新したとのことで、しかも新しい店長を紹介されました。あの緩くも味のあった板長兼店長は辞めたとのことで、まさにじゆうな店であります。バイスサワーに、タコぶつ、ハムかつをもらいました。つまみ類には、野菜が添えてあって、丁寧な仕事ぶりは変わりません。続いて、ホッピー、ナカともらい、さらに酎ハイまでもらっておきました。
 今度は仲木戸駅から日ノ出町駅へ移動、野毛本通りを越えると大混雑必至なので、都橋商店街の「ヌビチノ」でビールを飲むことにしました。ひさしぶりなので、話も弾み、伊勢角屋のゴールデンドラゴン、南信州のIPA、富士桜高原のプレミアムピルスと飲み続けました。毎度そうではありますが、今夜もなかなか強者揃い、特にゴールデンドラゴンは、飲み応えもさることながら、何度も口に出して言いたいナイスなネーミングセンスであります。
 これで終了かと思うもそうではなくて、またもイセザキ「みんなのいばしょ」へやってきます。ホッピーを飲んで、ナカもいただいちまうのは、昨晩と全く同じパターンとなりました。

by hoppys | 2018-10-13 23:59 | 大口でハッスル | Comments(0)
a0038663_22463378.jpg

 めでたく開店10周年を迎えた、東神奈川の立ち飲み「じゆうな丘」にやってまいりました。「10周年イベント」とか貼ってあったのですが、特に何もありません。普段通りの営業です。ここがまた「じゆうな丘」らしいところで、おれ自身も普通にビールから始めました。ユニークなつまみ類から、まぐろ納豆とトンカツをもらいます。ゆっくり飲んでいると、厨房でなにを焼いているのか、店内がもくもく状態となってまいりました。アルバイトのスタッフさんもたまらずパタパタやっています。しかし、「がま親分」で慣れているおれだけは特に支障がありません。どんとこい。2杯めはバイスサワーにしましたが、非常にピンクなのにアルコール満点の仕様となっています。どうやって作ったのかわかりません。これに懲りて3杯目は青りんごサワー、それに毎回中身の変わるトマトサラダをいただきました。
 東神奈川駅から桜木町駅を経由して野毛に入ります。途中、東神奈川駅の階段で派手にコケましたが、幸い、野毛小路まで無事にやってくることができたわけです。「tacobe」のカウンターに登場、角ハイボールをもらいます。土曜日曜は収拾つかない混雑ですが、平日はゆっくりマスターママと話ができます。まあ大して中身のある話じゃあありませんが、とにかく、ハイボールを3杯いただきました。
 宮川町の「suzumaru」にも立ち寄ることに致しましょう。白州のソーダ割をもらって、暫しくつろぐことになります。帰りの下り階段は急傾斜ですが、逆にこれほどきついと、最大警戒となって、少々酔っていてもコケることはありません。実際、この階段で転倒した客はいないそうであります。

by hoppys | 2018-08-30 22:46 | 東神奈川でハッスル | Comments(0)

贅沢な夏におでん

a0038663_23424968.jpg

 五番街の「ひさご」にやってきました。幸い、ほろ酔いセットの有効時間帯に間に合っています。生ビールは若干の追加料金がかかりまして、セット価格650円、これにおでん3種盛りがつきます。夏おでんなる、冷やしたものもあるようですが、店内かなりエアコンが効いているので、熱いやつもいけます。2杯めは、夏らしくラムネサワー、それに梅きゅうとしました。さらに酎ハイ、ラムネの後にこれを飲んでると、こんな全く味のしない飲み物、酒好き以外は絶対飲まねえだろうなと考えてしまいました。しかし、もう1杯です。
 続いて、KQ日の出町駅から、宮川町の立ち飲み「桐のや水産」へとやってきました。誰もお客がいなかったのに、おれが入ったのを機にどんどん混んできました。ただの偶然とはいえ、変にいい気持ちがします。こちらでは、麦焼酎「兼八」を枝豆をつまみながらいただきました。500円の水割りなのにこの焼酎量、まさに痛快であります。

by hoppys | 2018-08-14 23:59 | 五番街でハッスル | Comments(0)

昼から飲むなら五番街

a0038663_22441481.jpg

 休日、横浜駅界隈でうろうろしていたおれは、折からの猛暑のためかビールが飲みたくなったので、五番街にやってきました。まだまだ陽の高い午後、開いているのは、立ち飲みが2軒、それに「相模屋」と「とん太」であります。本日は持ち合わせの関係もあって「とん太」をセレクトしました。早速生ビールを発注すると、スタッフが、この時間限定のお得なセットを勧めてくれました。生ビールにつまみをひと品かふた品で、500円あるいは700円のセットが何種か用意されています。冷奴とのセットに、枝豆やマカロニサラダ、フライドポテトを追加して飲み始めました。たまに来ている「とん太」、店内若干リニューアルしたようで、厨房の一部が客席に変わっていました。しかし、隣接の「ひさご」ともども、昭和感で満たされている空気には変わりありません。もう一杯、キンミヤ使用の酎ハイをもらって終了です。
 続いて、桜木町駅から野毛に入り「tacobe」に登場となります。カウンターで、生ビールにたこ焼きを貰いました。混雑してくる前で、まだ落ち着いていてよかったと思ってたら、つい先程まで大騒ぎだったそうでありまして、全く油断も隙もない話です。生ビールをもう一杯飲んでいるうちに、ぼちぼち混み始めたので、頃合いを見て移動となりました。
 3軒めは、都橋商店街の立ち飲み 「○豊」となりました。混雑していますが、こちらはいつもの野毛のお客さんたばかりなので、すこぶる愉快であります。休日のためか、普段以上のリラックス感を楽しみつつ、ジンジャーエール割を2杯で仕舞いと致しましょう。

by hoppys | 2018-07-16 23:59 | 五番街でハッスル | Comments(0)