びゆう:今宵もホッピー呷って野毛あたりでハシゴ酒中。


by hoppys
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:野毛 ( 240 ) タグの人気記事

贅沢な夏におでん

a0038663_23424968.jpg

 五番街の「ひさご」にやってきました。幸い、ほろ酔いセットの有効時間帯に間に合っています。生ビールは若干の追加料金がかかりまして、セット価格650円、これにおでん3種盛りがつきます。夏おでんなる、冷やしたものもあるようですが、店内かなりエアコンが効いているので、熱いやつもいけます。2杯めは、夏らしくラムネサワー、それに梅きゅうとしました。さらに酎ハイ、ラムネの後にこれを飲んでると、こんな全く味のしない飲み物、酒好き以外は絶対飲まねえだろうなと考えてしまいました。しかし、もう1杯です。
 続いて、KQ日の出町駅から、宮川町の立ち飲み「桐のや水産」へとやってきました。誰もお客がいなかったのに、おれが入ったのを機にどんどん混んできました。ただの偶然とはいえ、変にいい気持ちがします。こちらでは、麦焼酎「兼八」を枝豆をつまみながらいただきました。500円の水割りなのにこの焼酎量、まさに痛快であります。

[PR]
by hoppys | 2018-08-14 23:59 | 五番街でハッスル | Comments(0)

昼から飲むなら五番街

a0038663_22441481.jpg

 休日、横浜駅界隈でうろうろしていたおれは、折からの猛暑のためかビールが飲みたくなったので、五番街にやってきました。まだまだ陽の高い午後、開いているのは、立ち飲みが2軒、それに「相模屋」と「とん太」であります。本日は持ち合わせの関係もあって「とん太」をセレクトしました。早速生ビールを発注すると、スタッフが、この時間限定のお得なセットを勧めてくれました。生ビールにつまみをひと品かふた品で、500円あるいは700円のセットが何種か用意されています。冷奴とのセットに、枝豆やマカロニサラダ、フライドポテトを追加して飲み始めました。たまに来ている「とん太」、店内若干リニューアルしたようで、厨房の一部が客席に変わっていました。しかし、隣接の「ひさご」ともども、昭和感で満たされている空気には変わりありません。もう一杯、キンミヤ使用の酎ハイをもらって終了です。
 続いて、桜木町駅から野毛に入り「tacobe」に登場となります。カウンターで、生ビールにたこ焼きを貰いました。混雑してくる前で、まだ落ち着いていてよかったと思ってたら、つい先程まで大騒ぎだったそうでありまして、全く油断も隙もない話です。生ビールをもう一杯飲んでいるうちに、ぼちぼち混み始めたので、頃合いを見て移動となりました。
 3軒めは、都橋商店街の立ち飲み 「○豊」となりました。混雑していますが、こちらはいつもの野毛のお客さんたばかりなので、すこぶる愉快であります。休日のためか、普段以上のリラックス感を楽しみつつ、ジンジャーエール割を2杯で仕舞いと致しましょう。

[PR]
by hoppys | 2018-07-16 23:59 | 五番街でハッスル | Comments(0)

ビールで凌ぐ夏本番

a0038663_22491051.jpg

 神奈川新町駅の近く、第1京浜ぞいにある立ち飲み「はねや」を訪れました。焼鳥の店で、入るとコの字型カウンターとテーブルがありました。店内、木の内装で、この時間はまだ外が明るいのですが、照明は落とし気味のようで、洒落た雰囲気です。暑い中歩いて来たので、まずは生ビール、それに、ねぎまとしいたけをもらうことにしました。カウンターからよく見える焼き台で、丁寧に焼いてくれます。暑くて早々の2杯めはレモンサワー、鶏繋がりなのか、チキンラーメンなんてメニュウもあったりします。次はゆっくり来たいところです。
 続いて、KQでひと駅、仲木戸駅から「じゆうな丘」へとやっできました。壁にある手書きのメニュウには、キンメダイ煮付け、タラレモンペッパー焼、カニカマスペシャルサラダと、いかにも美味そうなものがありました。これを順次もらうことにします。緩い感じながら、相変わらず腕のよい板長、キンメダイなど、煮汁が美味くてバイスがどんどんと進みます。カニカマスペシャルサラダも、どのへんがスペシャルかは結局不明でしたが、さらにバイスが2杯となりました。
 今日は気まぐれで、KQでなく、東神奈川駅から京浜東北線に乗り、桜木町駅から野毛へと入りました。土曜日ということで人出が多いのですが、なんとか野毛小路「SHEVA」にたどり着きました。幸い、野毛の常連さんしかおらず、落ち着いてギネスを飲むことができました。店内モニターでは、東京ドームのナイターの終盤戦を中継しています。2杯目の生ビールを飲んでいるうちに、試合が終わりました。「SHEVA」を出ると、野毛小路は相変わらずの混雑ぶり、普段の野毛のお客さんらしい姿はほとんど見られず、まるで別世界であります。こんな有様なんで、野毛でもう1軒寄るのは断念致しました。イセザキに向かうとしましょう。

[PR]
by hoppys | 2018-07-07 23:59 | 東神奈川でハッスル | Comments(0)
a0038663_23045480.jpg

 今日は、珍しく予約など入れまして、岩亀通りの「常盤木」に初登場であります。戦中戦後からの歴史を誇る市民酒場ですが、店内は明るくリニューアルされていて、1枚板のカウンターと、油の引いてある床が、昔懐かしい風情を醸し出しています。生ビールは、やっぱり横浜キリンビール、それから、ピリ辛豆腐やキス天、アジフライをもらうことにしました。豆腐は、ピリ辛の水準を遥かに超えておりまして、あまり辛いのが得意じゃないおれは、1杯目の生ビールを早々に片づける羽目に陥りました。程なくして、キス天とアジフライが登場しましたが、どちらもドーンと山盛りであります。計算してみると、キス天は1尾150円、アジフライは同100円ということになりました。さくさくとしたやつを、熱いうちにいただきました。2杯目の生ビールに続き、せっかくこういう店に来たので、日本酒をもらいましょう。お新香をつまみながら、「土佐鶴」、「菊水の辛口」と飲み続けていると、気さくなご店主が厨房から出てきました。ご近所話などで盛り上がります。居心地よく、名残惜しい市民酒場ですが、今日のところは、この後レモンサワーでシメと致しました。
 岩亀通りから、掃部山下の鉄道湧水を見学し、音楽通りへとやってきました。イタリアンの「オレンジコンセプト」に入店、二階のカウンター席を案内されました。プレミアムモルツの生ビールに、今日のお薦めから、駿河湾直送のイサキのカルパッチョをもらいました。これで、なんとなく1軒目と繋がりました。生ビールはやっぱりもう1杯であります。

[PR]
by hoppys | 2018-07-05 23:59 | 戸部でハッスル | Comments(0)

先の読めない週末の野毛

a0038663_23270597.jpg

 韓国料理立ち飲みの「マンナ」に登場しました。まだ早い時間なのでそれほどお客さんはいません。生ビール、定番の豚バラに、今日は韓国チヂミをもらうことにしました。このあたりが300円っつうのは、なかなか信じ難い状況であります。豚バラに添えられたキムチも、いつもどしどし喰ってしまいますが、よく味わうと深みがあるのです。生ビールはもう1杯となります。
 都橋商店街に移動し、1階の立ち飲み「○豊」となりました。こちらではジンジャーエール割をもらいます。タラコをじっくり焼いてもらっている間に、ジンジャーエール割は早くも2杯目となります。店内のTVでは、紅白出場歌手が、川崎あたりで焼肉を喰いまくっている番組をやっていました。幸い、おれ自身はさきほど「マンナ」の豚バラを喰らっているので平常心ですが、そうでなければ、次の店はホルモン焼き確実という状況でした。そんなやりとりしつつ、ジンジャーエール割は結局4杯に達しました。
 2階の「ホッピー仙人」に上がり、ちょっと落ち着いたところで着席して樽のホッピーをゆったり飲み、やって来る知人たちと談笑してもう1杯となっておりましたが、これで終わらないところが週末の楽しさとなるわけであります。
 野毛小路に移動して、久しぶりに「無頼船」のカウンターへとやってきました。ここではたいていギネスをいただくことになりました。店内照明が落とし気味なのもあってか、ギネスが進むにつれ、若干記憶もおぼろげとなりつつあります。
 最後に「tacobe」へとやってきました。こちらで少ししっかりしてから帰ろうという算段であります。最近ちょっと足が遠ざかっていたので気にはなっていたのですが、しっかり安否を気遣われておりまして恐縮であります。生ビールをぐいぐい飲んで元気いっぱいなところをアピールし、しかし千鳥足でいよいよ本日終了となりました。

[PR]
by hoppys | 2018-04-28 23:59 | 長者町でハッスル | Comments(0)
a0038663_23055008.jpg

 2018年の野毛大道芸は、4月21日、22日に開催されました。たいてい、どちらかは悪天候となるのですが、幸い今年は両日とも天候に恵まれました。21日の土曜日は冷やかし程度に覘いただけだったので、22日の日曜日は、午後から繰り出しました。
 メインステージとなる本通りを中心に、多くの見物人でにぎわう中、まずは柳通りに向かいました。ここに構えている「トモ」の出店で、生ビールをもらいました。大道芸となると、毎回1杯目は「トモ」で買うことに決まっているのです。この生ビールを飲みつつ、頭のおかしくなる酒を飲ませる「SHEVA」の前を通らないよう、細心の注意をはらいながら、路地を徘徊しました。野毛に呼ばれた大道芸人は、本当にギャラはなくて、崎陽軒のシウマイ弁当しかもらえません。投げ銭だけが当日の収入になるのです。
 次の一杯はキリンがよいぞと思いつつ探すと、「桐のや水産」が、なぜかミラクル商会店の前で生ビールを出していたので、これ幸いといただきました。気持ちいい春の陽気なので、吉田街のほうも回ってみることにしましょう。

[PR]
by hoppys | 2018-04-22 23:59 | ハマでお楽しみ | Comments(0)

今宵も蕎麦はいただかず

a0038663_23162019.jpg

 吉田町の「角清 」、1,300円のセットでスタートになります。今日のつまみは、寒ブリ刺に、わかめ、きゅうりの酢の物、それに、すっかり冷え込んでいるので、蕎麦焼酎の蕎麦湯割りをもらいました。ブリはいいやつがきました。さらに温まるべく、追加で蕎麦湯割りをもう1杯といたします。
 続いて、宮川町の立ち飲み「桐のや水産」であります。いつもオープンな店ですが、さすがに今日は扉が閉めてありまして、店内暖かくなっておりました。それをよいことに、麦焼酎の「兼八」贅沢な冷たい水割りでいただきました。スパゲティサラダなんかつまんで、お得な「兼八」をもう1杯いただいておきます。
 3軒目は野毛小路「tacobe」、今夜は、団体客がふた組入っていて、メインのカウンター席まで埋まっておりました。壁際のカウンター、通称アウェイ席で飲み始めることにいたしまして、それでも、角ハイボールを2杯いただいております。まあ、年末はこんなもんですから。

[PR]
by hoppys | 2017-12-14 23:59 | 吉田町でハッスル | Comments(0)

餃子に合うホッピー

a0038663_23445469.jpg

 「翠葉」本店で飲み始めることにします。ホッピーに餃子、豚バラサラダそれにピリ辛なザーサイをもらいました。テーブル席のお客を背に、夜の街を眺めながら飲むカウンター席もよいものです。ナカをもらって終了する予定でしたが、ザーサイが思ったよりも辛くて酒がなくなってしまい、キンミヤ焼酎の炭酸割を追加することにしました。
 野毛小路に繰り出して、「tacobe」に到着しました。金曜日の遅い時間は混雑するので、その前に1杯いただこうという算段であります。ここではカウンターで生ビールをいただきつつ、マスターママと喋ります。細かい銭が尽きるまで、生ビールは2杯となりました。
 伊勢佐木町の立ち飲み「みんなのいばしょ」が3軒目となります。酒はまたホッピーとなりまして、店の顔見知りや初来店のお客さんと盛り上がりつつ、ナカ、さらにキンミヤソーダと飲み続けることになりました。若干、なにかを繰り返しているような気分になりましたが、まあ気のせいでしょう。

[PR]
by hoppys | 2017-11-17 23:59 | 長者町でハッスル | Comments(0)

いいつまみでスタート

a0038663_22091395.jpg


 吉田町の蕎麦処「角清」にやってきました。1,300円のおつまみセットが目当てでありまして、2品のつまみは、カンパチ照り焼きと油揚げパリパリ焼き、それに生ビールに致しました。味のある1枚板のテーブルでゆっくり楽しませてもらいます。1杯で出るのも残念なので、ぴり辛そぼろ奴と焼酎蕎麦湯割も追加しました。
 つづいて、「ホッピー仙人」に登場しました。今日はなにやら雑誌の取材が入っていましたが、お客も含め、自然体の通常営業であります。野毛はしご酒的な特集ページに掲載予定とのことでした。そんなわけで多少華やかな雰囲気の中、樽のホッピーを2杯、さらに瓶の白をいただいておきます。久しぶりの仙人の瓶、格別であります。
 続いて、野毛小路の「tacobe」に向かいました。今夜は急に冷え込んだ気候のせいか、週末なのに比較的人通りの少ない野毛でしたが、こちらは大盛況、訊けばずっとこんな調子だったとのことです。カウンターで角ハイボールを注文、しかし、隙あらばトリスが出てくるので、十分に注意を払わなければなりません。最近では山崎のパターンもあるそうです。などと、いつものお約束を繰り広げつつ、ハイボールはもう1杯いただくことになります。
 野毛もだんだん人が増えてきたので、都橋からイセザキへ抜け、立ち飲み「みんなのいばしょ」でもう1杯飲むことにしました。ピンクサワーことバイスをいただきますが、例によって1杯では終わらず、ポップコーンつまみながらもう1杯であります。
 

[PR]
by hoppys | 2017-10-13 23:59 | 吉田町でハッスル | Comments(0)

六角橋の夏おでん再び

a0038663_21404957.jpg

 夕刻から、六角橋商店街へやってきました。またもおでんの「かずさや」にお世話になります。生ビールにおでん盛り合わせ、ちくわぶのリクエストも前回同様になりました。ちくわぶ、玉子、大根とどれも味がよくしみています。もう1杯生ビールをもらってから、おでんの出汁割りをもらうことにしました。冷たいのもあるようですが、今日は涼しいので、温かいのにしました。飲み続けていると、地元の常連らしいお客さんが増えてきました。隣のラーメン屋から塩ラーメンを注文するお客さんもいて、まさにリアル横丁であります。出汁割りは想像通り旨かったのでもう1杯です。
 六角橋で寄ってみたかった店が今日は休業だったので、白楽駅から野毛へ向かうことにしました。「かずさや」のお客さんに、最近土曜日の野毛は大混雑で…などと言っていたのに、結局来てしまいました。やっぱり野毛小路は人で溢れておりまして、それでも運よく「tacobe」の正面カウンターにはまだ余裕がありました。団体客は、なるべくこのカウンターに座らせないようです。おかげで落ち着いて角ハイボールを2杯、さらにタコ焼きもいただいておきました。
 ベイスターズ戦の状況が気になるので、「SHEVA」へと移動しました。このあと、予約の団体さんがいるとのことでしたが、奥なら大丈夫だったと言われ、そこでナイター観戦しつつ、生ビールを飲み始めました。しかし、2杯飲んだところで残念な結果となりました。
 そのまま帰ればいいのに、つい宮川町「suzumaru」の階段を昇ってしまいました。あまりお客さんがいなかったので、いろいろ喋りつつ、「白州」をいただきました。どうやって飲んでいたか、おれが思い出す前にソーダ割が出てきました。当然、もう1杯となり、細心の注意を払って、急階段を降りていくことになります。

[PR]
by hoppys | 2017-09-02 23:59 | 六角橋でハッスル | Comments(0)